1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 成城大、文系大学から理数系教育を積極的に行う大学へ

2019年4月3日

成城大、文系大学から理数系教育を積極的に行う大学へ

成城大学は、4月1日に「データサイエンス教育研究センター」を開設し、これまでの文系大学から理数系教育を積極的に行う大学になるという。

同センターは、データに関心を持ちデータに基づき考え行動する学生を育てること、そして人文・社会科学の分野におけるデータサイエンスの応用を開拓するのが目的。

文系大学である同大で、学生たちにデータ・ドリブンな思考(データを起点とした論理的・科学的な思考)を身に付けてもらうのが狙いで、学生にそれを分かりやすく伝えていく。

例えば、ソーシャル・ネットワークやスマホなどの身近な話題を通して「ビッグデータ」について学ぶ。それによって、身近な世界とデータサイエンスの関わりを深く理解することができる。

さらに、データサイエンスの分析技術、活用技術を実例により学ぶことで、データ・ドリブンな思考で課題を発見する方法と、解決する力を身に付ける。これらの力は、それぞれの学生が生きていく世界での武器となる。

具体的なプログラムは、「概論」「入門I・II」「応用」など段階的に学べる6科目からなり、基礎から応用まで、学生それぞれのレベルに合わせた授業を展開していく。

人文学・社会科学の専門知識をベースに、情報を活用する知識と技術が学べるデータサイエンスを加えることで、独創性を備えた教養人を育てるのが目標。

同大ではこれまでも、データサイエンスに特化した科目群を全学生の共通科目として設置し、「理数系教育」にも力を入れてきた。

日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所との包括的な連携協定に基づき、2015年に全国の文系大学の中でもいち早くデータサイエンスの授業(データサイエンス科目群)を開講。これまでに300人を超える学生が受講している。

関連URL

成城大学

町全体でICT化を推進 福島県西会津中学校 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • ICT授業を止めない、快適なネットワーク環境づくり! ~withコロナ時代に先進学校から学ぶ~ 会期:2020年11月10日(火) 時間:13:00~17:00 主催:マイナビニュース 協賛:FURUNO SYSTEMS WIRELESS NAVI 2020
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス