1. トップ
  2. データ・資料
  3. 日本ディープラーニング協会、「第2回ジェネラリスト検定」の結果発表

2019年7月17日

日本ディープラーニング協会、「第2回ジェネラリスト検定」の結果発表

日本ディープラーニング協会(JDLA)は16日、今月6日に実施した「2019年第2回ジェネラリスト検定」(G検定)の結果を発表した。

0717-jdla
それによると、今回の「G検定」申込者数は5387人(2019年第1回は3541人)、受験者数は5143人(同3436人)。そのうち、合格者数は3672人(同2500人)で、受験者数に対する合格者の輩出率は71.4%だった。

過去5回の実施を経て「G検定」の累計受験者数は1万4695人、累計合格者数は9871人になった。

今回の受験者の年齢層は10代~70代にわたり、20代と30代で全体の59.2%を占めた。業種では情報処理・提供サービス業とソフトウェア業で全体の49.3%を占めたほか、製造業、運輸・通信業、金融・保険業、不動産業から学生など幅広い属性が受験した。

また、役職別では課長職以上が全体の22.4%を占め、幅広い役職が合格を目指している。

なお、「2019年第3回G検定」は11月9日に、2020年は3月14日、7月4日、11月7日の3回、実施を予定している。

JDLAでは、ディープラーニングに関する知識を有し、「事業活用する人材(ジェネラリスト)」と、「ディープラーニングを実装する人材(エンジニア)」の育成を目指している。JDLA資格試験の合格者には認定ロゴと合格証の配付のほか、合格者コミュニティ「CDLE」へ招待している。

ジェネラリストは、「ディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して事業応用する能力を持つ人材」と定義。2020年までに10万人規模の輩出を目指している。

関連URL

JDLA資格試験

JDLA

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人 大多和学園 開星中学校・高等学校 すらら×CBT入試
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス