1. トップ
  2. データ・資料
  3. 日本ディープラーニング協会、「第2回ジェネラリスト検定」の結果発表

2019年7月17日

日本ディープラーニング協会、「第2回ジェネラリスト検定」の結果発表

日本ディープラーニング協会(JDLA)は16日、今月6日に実施した「2019年第2回ジェネラリスト検定」(G検定)の結果を発表した。

0717-jdla
それによると、今回の「G検定」申込者数は5387人(2019年第1回は3541人)、受験者数は5143人(同3436人)。そのうち、合格者数は3672人(同2500人)で、受験者数に対する合格者の輩出率は71.4%だった。

過去5回の実施を経て「G検定」の累計受験者数は1万4695人、累計合格者数は9871人になった。

今回の受験者の年齢層は10代~70代にわたり、20代と30代で全体の59.2%を占めた。業種では情報処理・提供サービス業とソフトウェア業で全体の49.3%を占めたほか、製造業、運輸・通信業、金融・保険業、不動産業から学生など幅広い属性が受験した。

また、役職別では課長職以上が全体の22.4%を占め、幅広い役職が合格を目指している。

なお、「2019年第3回G検定」は11月9日に、2020年は3月14日、7月4日、11月7日の3回、実施を予定している。

JDLAでは、ディープラーニングに関する知識を有し、「事業活用する人材(ジェネラリスト)」と、「ディープラーニングを実装する人材(エンジニア)」の育成を目指している。JDLA資格試験の合格者には認定ロゴと合格証の配付のほか、合格者コミュニティ「CDLE」へ招待している。

ジェネラリストは、「ディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して事業応用する能力を持つ人材」と定義。2020年までに10万人規模の輩出を目指している。

関連URL

JDLA資格試験

JDLA

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス