1. トップ
  2. 学校・団体
  3. iTeachers TV Vol.198 中萬学院 木暮 誠一 先生(後編)を公開

2019年8月7日

iTeachers TV Vol.198 中萬学院 木暮 誠一 先生(後編)を公開

iTeachersとiTeachers Academyは7日、iTeachers TV Vol.198 中萬学院の木暮 誠一 先生による「アウトプットがあるともっと楽しい(後編)」を公開した。

0807-it中萬学院で使用している2つの英語学習アプリを紹介する。1つは英語を日本語に変換しながら理解するのではなく、英語のまま理解するためのリスニングアプリ。もう1つは、英語の発音を自動評価してより良い発音ができるようトレーニングしてくれるアプリ。英語は誰かを相手にしないと上達しないが、人間相手だと恥ずかしかったり時間が取れなかったりする。アプリを使えば機械相手なので、恥ずかしくないし時間の制約もない。人から評価されるよりも納得感も高くなるという。

木暮先生は、1985年中萬学院に算数講師として入社。現場で教室長などを経験した後、1991年同社本部教務部へ異動。授業を実践するとともに教務の要として教材の開発も担当する。1997年システム開発課に異動。全社ネットワークの構築、情報システムの導入、基幹系のオープンシステム化等を次々行い、現在のIT体制を作り上げる。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」は、デジタルハリウッド大学の栗谷 幸助 先生による、「教育現場で使える イチオシWebサイト紹介」。今回紹介するのは「科学ってオモシロイ!」。

栗谷先生は、大学卒業後に流通業に就くが、在職中に“人と人とを繋ぐ道具”としてのWebの魅力に触れ、Web業界へ転身。WebデザインユニットでWebの企画・デザイン・サイト運営等を手掛けながら、各地で関連の講師を担当。デジタルハリウッドでは 専任講師として 専門スクールや大学・大学院にて Webデザインのスキルを幅広く伝えている。

iT-Lv2

□アウトプットがあるともっと楽しい(後編)

□アウトプットがあるともっと楽しい(前編)

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス