1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「Unityインターハイ2019」、優勝は函館ラ・サール高チーム「Kats」の「Overturn」

2019年12月17日

「Unityインターハイ2019」、優勝は函館ラ・サール高チーム「Kats」の「Overturn」

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは16日、高校生・高専生および小中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2019」の最終審査結果を公式Webサイトで発表した。

Unityインターハイは、高校生・高専生(3年以下)の学生を対象として、Unityおよびプログラミング技術習得の奨励、才能の発掘を目的に行われるゲーム開発の全国大会。予選審査とプレゼン発表会を経て、優勝、準優勝、ゴールドアワードなどの各賞が選ばれた。

優勝は北海道の函館ラ・サール高校チーム「Kats」の「Overturn」に決定した。正三角形のキュートなキャラクターを操作してゴールまで動かすシンプルなルールのパズルゲームで、キャラクターが時計回り/反時計回りに回転して壁を這うように進むという少し変わった動きが特徴。動くブロックや滑る床などのギミックもあり、さまざまな種類のマップで遊ぶことができる。

関連URL

「Unityインターハイ2019」

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス