1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「Unityインターハイ2018」、優勝は徳島市立高「モチ上ガール」

2018年10月24日

「Unityインターハイ2018」、優勝は徳島市立高「モチ上ガール」

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、高校生・高専生・小中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2018」の最終審査結果を公式サイトで発表した。

d16287-77-933672-1「Unityインターハイ」は、Unityおよびプログラミング技術習得の奨励、才能の発掘を目的として行われるゲーム開発の全国大会。予選審査とプレゼン発表会を経て、受賞作品が決定した。

優勝には、徳島県・徳島市立高校/チーム「電子計算機部長」/渡邉大誠さんの「モチ上ガール」が選ばれた。

作品は、モチを伸ばして壁にくっつけていくことで進むアクションゲーム。ボタン1つとジョイスティック1つのシンプルな操作だが、多彩なアクションが可能で、テンポよく進められるのが特徴となっている。

準優勝は京都府・岩倉南小学校/チーム「Sai」/宮城采生さんの「オシマル」。大きさや押すパワーの異なる動物ブロックを配置し、先に敵陣に3個のブロックを到達させたほうが勝者となるゲーム。

そのほかゴールドアワードに、東京都・芝浦工業大学附属高校/チーム「Hidetyo’s App」/藤澤秀彦さんの「るなてぃっくあどべんちゃ~!」、東京都・渋谷教育学園渋谷高校/チーム「Penta」/浅野啓、田村来希さんの「PERVERSE」、奈良県・一条高校/チーム「IPC」/伊藤圭二郎、小西将玄さんの「Fragments」が決定した。

関連URL

「モチ上ガール」紹介ムービー

「オシマル」紹介ムービー

「Unityインターハイ2018」公式サイト

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス