1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「Unityインターハイ2018」、優勝は徳島市立高「モチ上ガール」

2018年10月24日

「Unityインターハイ2018」、優勝は徳島市立高「モチ上ガール」

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、高校生・高専生・小中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2018」の最終審査結果を公式サイトで発表した。

d16287-77-933672-1「Unityインターハイ」は、Unityおよびプログラミング技術習得の奨励、才能の発掘を目的として行われるゲーム開発の全国大会。予選審査とプレゼン発表会を経て、受賞作品が決定した。

優勝には、徳島県・徳島市立高校/チーム「電子計算機部長」/渡邉大誠さんの「モチ上ガール」が選ばれた。

作品は、モチを伸ばして壁にくっつけていくことで進むアクションゲーム。ボタン1つとジョイスティック1つのシンプルな操作だが、多彩なアクションが可能で、テンポよく進められるのが特徴となっている。

準優勝は京都府・岩倉南小学校/チーム「Sai」/宮城采生さんの「オシマル」。大きさや押すパワーの異なる動物ブロックを配置し、先に敵陣に3個のブロックを到達させたほうが勝者となるゲーム。

そのほかゴールドアワードに、東京都・芝浦工業大学附属高校/チーム「Hidetyo’s App」/藤澤秀彦さんの「るなてぃっくあどべんちゃ~!」、東京都・渋谷教育学園渋谷高校/チーム「Penta」/浅野啓、田村来希さんの「PERVERSE」、奈良県・一条高校/チーム「IPC」/伊藤圭二郎、小西将玄さんの「Fragments」が決定した。

関連URL

「モチ上ガール」紹介ムービー

「オシマル」紹介ムービー

「Unityインターハイ2018」公式サイト

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス