1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「Unityインターハイ2018」本選出場作品を発表

2018年10月17日

「Unityインターハイ2018」本選出場作品を発表

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは16日、高校生・高専生 (3年生以下) と小中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2018」の本選出場作品を発表した。

d16287-76-209851-0「Unityインターハイ」は、Unityとプログラミング技術習得の奨励、才能の発掘を目的として行われるゲーム開発の全国大会。

応募作品はゲーム分野のエキスパートによって審査が行われ、104作品の中から選出された12作品が、2次審査を突破しプレゼン発表会本選への出場が決定した。公式Webサイトでは、本選出場作品を含め、全国93校から集まった104作品を掲載している

10月21日に東京の日本科学未来館で行われるプレゼン発表会では、開発メンバーによるプレゼンが行われ、最終審査を経て優勝作品が決定される。

プレゼン発表会の観覧は無料、誰でも見ることができる。

関連URL

プレゼン発表観覧希望申込フォーム

Unityインターハイ2018公式Webサイト

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
オンライン授業・学習支援システム TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス