1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「Unityインターハイ2018」本選出場作品を発表

2018年10月17日

「Unityインターハイ2018」本選出場作品を発表

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは16日、高校生・高専生 (3年生以下) と小中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2018」の本選出場作品を発表した。

d16287-76-209851-0「Unityインターハイ」は、Unityとプログラミング技術習得の奨励、才能の発掘を目的として行われるゲーム開発の全国大会。

応募作品はゲーム分野のエキスパートによって審査が行われ、104作品の中から選出された12作品が、2次審査を突破しプレゼン発表会本選への出場が決定した。公式Webサイトでは、本選出場作品を含め、全国93校から集まった104作品を掲載している

10月21日に東京の日本科学未来館で行われるプレゼン発表会では、開発メンバーによるプレゼンが行われ、最終審査を経て優勝作品が決定される。

プレゼン発表会の観覧は無料、誰でも見ることができる。

関連URL

プレゼン発表観覧希望申込フォーム

Unityインターハイ2018公式Webサイト

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定体験コース開設 CLICK! 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス