1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. EMURGO、「ブロックチェーンハッカソン@東京理科大学2018」開催

2018年10月17日

EMURGO、「ブロックチェーンハッカソン@東京理科大学2018」開催

EMURGO(エマーゴ)がメインスポンサーで賞金総額200万円規模のハッカソン「ブロックチェーンハッカソン@東京理科大学2018」が、27日と、11月3日~4日に、東京・千代田区の同大富士見キャンパスで開催される。

d30305-28-227830-0同ハッカソンのテーマは、「未来を感じさせる、ワクワクするようなサービス」をチーム一丸となって創出すること。

ブロックチェーン技術を用いてのハッカソンのためプロトコルは不問。すでに何らかのネットワーク上で稼働しているものであることが、アプリケーションの最低条件。

新しいサービスを考えるのが大好きな老若男女、ブロックチェーンを使ったシステムの開発経験があるサーバーサイドエンジニア、UI・UXに情熱を注ぐフロントエンドエンジニア、デザイナー、とにかく何かに挑戦したい人など参加者を募集しているという。

EMURGOは、オープンソースの分散型ブロックチェーンプラットフォーム及び仮想通貨プロジェクトであるCardano(カルダノ)の事業開発をしており、スマートコントラクトの開発支援、ベンチャー投資、ICOコンサルティングなどを行っている。

開催概要

開催日時:10月27日(土)13:00~21:00、11月3日(土)・4日(日)13:00~21:00
開催場所:東京理科大学 富士見キャンパス[東京都千代田区富士見1-11-2]
参加対象者:職業・年齢不問(未成年者は保護者の同意書が必要)、事前にチームを組んでの参加も可能
募集人数:100人(エンジニア70人・ビジネスプランナー30人)
賞 金(予定振り分け):1位100万円、2位50万円、3位以下10~30万円(アウトプットのレベルが入賞の最低条件に満たない場合、上位の賞金が出ない恐れがある)

詳細・申込

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス