1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「Unityインターハイ」大会ルール改定、自由なチーム結成が可能に

2018年7月12日

「Unityインターハイ」大会ルール改定、自由なチーム結成が可能に

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは11日、高校生・高専生と小・中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2018」の一部大会ルールの改定と作品を評価する審査員14人を発表した。

d16287-69-678033-1Unityはゲームやアプリケーション開発のためのソフトウェアで、「Unityインターハイ」は高校生・高専生(3年生以下)の学生を対象としたUnityおよびプログラミング技術習得の奨励、才能の発掘を目的として行われるゲーム開発の全国大会。今年の大会は、8月29日までエントリーを受け付け、10月21日にプレゼン発表会が行われる。

同インターハイは、今年で第5回を迎えたが、参加校や開発チームは年々増加。「他校の学生と開発チームを結成したい」という声に応えるべく、2018年大会では所属する学校に関わらず、自由にチームメンバーを結成できるようにルールを改定した。

具体的な募集資格は、2000年4月2日以降に生まれた人、チームでの応募も可、チームメンバーの人数制限なし、チームメンバーの構成員全員が同じ学校に所属している必要はない、正式登録する代表者はリーダー1人・メンバー2人まで、Web掲載やプレゼン発表会出場で名前が公開されるのは代表者3人、作品開発のテーマはなく自由に作品を開発となっている。

関連URL

Unityインターハイ2018

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス