1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「Unityインターハイ」大会ルール改定、自由なチーム結成が可能に

2018年7月12日

「Unityインターハイ」大会ルール改定、自由なチーム結成が可能に

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは11日、高校生・高専生と小・中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2018」の一部大会ルールの改定と作品を評価する審査員14人を発表した。

d16287-69-678033-1Unityはゲームやアプリケーション開発のためのソフトウェアで、「Unityインターハイ」は高校生・高専生(3年生以下)の学生を対象としたUnityおよびプログラミング技術習得の奨励、才能の発掘を目的として行われるゲーム開発の全国大会。今年の大会は、8月29日までエントリーを受け付け、10月21日にプレゼン発表会が行われる。

同インターハイは、今年で第5回を迎えたが、参加校や開発チームは年々増加。「他校の学生と開発チームを結成したい」という声に応えるべく、2018年大会では所属する学校に関わらず、自由にチームメンバーを結成できるようにルールを改定した。

具体的な募集資格は、2000年4月2日以降に生まれた人、チームでの応募も可、チームメンバーの人数制限なし、チームメンバーの構成員全員が同じ学校に所属している必要はない、正式登録する代表者はリーダー1人・メンバー2人まで、Web掲載やプレゼン発表会出場で名前が公開されるのは代表者3人、作品開発のテーマはなく自由に作品を開発となっている。

関連URL

Unityインターハイ2018

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス