1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「Unityインターハイ」大会ルール改定、自由なチーム結成が可能に

2018年7月12日

「Unityインターハイ」大会ルール改定、自由なチーム結成が可能に

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは11日、高校生・高専生と小・中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2018」の一部大会ルールの改定と作品を評価する審査員14人を発表した。

d16287-69-678033-1Unityはゲームやアプリケーション開発のためのソフトウェアで、「Unityインターハイ」は高校生・高専生(3年生以下)の学生を対象としたUnityおよびプログラミング技術習得の奨励、才能の発掘を目的として行われるゲーム開発の全国大会。今年の大会は、8月29日までエントリーを受け付け、10月21日にプレゼン発表会が行われる。

同インターハイは、今年で第5回を迎えたが、参加校や開発チームは年々増加。「他校の学生と開発チームを結成したい」という声に応えるべく、2018年大会では所属する学校に関わらず、自由にチームメンバーを結成できるようにルールを改定した。

具体的な募集資格は、2000年4月2日以降に生まれた人、チームでの応募も可、チームメンバーの人数制限なし、チームメンバーの構成員全員が同じ学校に所属している必要はない、正式登録する代表者はリーダー1人・メンバー2人まで、Web掲載やプレゼン発表会出場で名前が公開されるのは代表者3人、作品開発のテーマはなく自由に作品を開発となっている。

関連URL

Unityインターハイ2018

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス