1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 小中高生対象「Unityインターハイ2020」、42作品が1次審査を突破

2020年10月26日

小中高生対象「Unityインターハイ2020」、42作品が1次審査を突破

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、高校生・高専生(3年生以下)および小・中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2020」の1次審査(予選)を通過した42作品を、23日に発表した。

Unityは、ゲームやアプリ開発のためのソフトウェア。Unityを使って本格的な3Dゲームやスマホアプリ、VR(仮想現実)コンテンツなど、様々なデジタルコンテンツが日々作られている。

近年では、大学や専門学校のIT教育現場でも数多く導入されており、ゲームだけでなく大学での研究や建築、シミュレータなど幅広い業界で活用されている。

こうしたUnityとプログラミング技術習得の奨励、才能の発掘を目的として行われるゲーム開発の全国大会が「Unityインターハイ」。

今年は、全国94の学校から提出された121作品の応募があり、ゲーム分野のエキスパートたちによる審査の結果、42作品が予選(1次審査)を突破した。

予選通過の42作品は2次審査に進出。そして、2次審査を通過した作品の開発チームメンバー(最大3人)は、12月13日に開催される本選へ進む。本選では、開発メンバーによるプレゼン発表が行われ、最終審査を経て優勝作品が決定する。

関連URL

「1次審査突破作品」などの詳細

「プレゼン本選ライブ」の配信

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら YubiPlus
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 22円/IDからの料金体系
  • 保護者や生徒との連絡手段でお困りではありませんか? 無料お試しキャンページ実施中! NTTレゾナント
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス