1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 小中高生対象「Unityインターハイ2020」、42作品が1次審査を突破

2020年10月26日

小中高生対象「Unityインターハイ2020」、42作品が1次審査を突破

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、高校生・高専生(3年生以下)および小・中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2020」の1次審査(予選)を通過した42作品を、23日に発表した。

Unityは、ゲームやアプリ開発のためのソフトウェア。Unityを使って本格的な3Dゲームやスマホアプリ、VR(仮想現実)コンテンツなど、様々なデジタルコンテンツが日々作られている。

近年では、大学や専門学校のIT教育現場でも数多く導入されており、ゲームだけでなく大学での研究や建築、シミュレータなど幅広い業界で活用されている。

こうしたUnityとプログラミング技術習得の奨励、才能の発掘を目的として行われるゲーム開発の全国大会が「Unityインターハイ」。

今年は、全国94の学校から提出された121作品の応募があり、ゲーム分野のエキスパートたちによる審査の結果、42作品が予選(1次審査)を突破した。

予選通過の42作品は2次審査に進出。そして、2次審査を通過した作品の開発チームメンバー(最大3人)は、12月13日に開催される本選へ進む。本選では、開発メンバーによるプレゼン発表が行われ、最終審査を経て優勝作品が決定する。

関連URL

「1次審査突破作品」などの詳細

「プレゼン本選ライブ」の配信

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス