1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. グロービス、ITエンジニアスクール「DIVE INTO CODE」に5000万円出資

2019年12月20日

グロービス、ITエンジニアスクール「DIVE INTO CODE」に5000万円出資

グロービスは19日、ITエンジニア育成スクールを運営する「DIVE INTO CODE」に約5000万円の戦略的出資をすることを決定した、と発表した。

出資に先立ち、同日、同社と戦略的業務提携を締結。学習コンテンツの共同開発と提供、互いの在校生・卒業生が交流するコミュニティの創出に向けて協業を開始する。

グロービスが運営する「グロービス経営大学院」では、テクノロジーが変革するビジネスや、経営とデザインの最先端の知見を提供する講座を、日本語と英語で20科目開講。卒業生向けにも、AI(人工知能)のビジネス活用の要諦を習得する特別講座「AIビジネスリテラシー」を提供している。

今回、Web・機械学習エンジニアの育成で累計4000人の受講実績がある「DIVE INTO CODE」へ戦略的出資と提携を行い、学習コンテンツの拡充と事業の創造を見据えて、両者の受講生が交流するコミュニティの創出を目指す。

具体的には、同経営大学院での新たなテクノベート系科目の開発と提供、グロービスの法人研修事業ではAIのビジネス活用をテーマにした新プログラムの開発、ビジネスナレッジの定額制動画学習サービス「グロービス学び放題」に加える新たな学習コンテンツの作成などを検討していく。

また、同経営大学院と「DIVE INTO CODE」双方の在校生・卒業生が交流できるイベント・セミナーなどの機会も提供。

例えば、同経営大学院の在校生・卒業生を対象にしたビジネスプランコンテスト「GLOBIS Venture Challenge(G-CHALLENGE)」に、「DIVE INTO CODE」の在校生・卒業生が共同チームを組成して参加できるようにする。

また、「DIVE INTO CODE」の同種のイベント「DEMODAY」に、同経営大学院の教員が審査員として参加することなども計画しているという。

関連URL

グロービス

グロービス経営大学院

DIVE INTO CODE

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス