1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. DIVE INTO CODE、「DIC Railsチュートリアルコース」をリリース

2017年10月3日

DIVE INTO CODE、「DIC Railsチュートリアルコース」をリリース

プログラミングスクール「DIVE INTO CODE」を運営するDive into Code(DIC)は2日、受講開始から卒業3年間、トラブルシューティングアドバイス無制限の「DIC Railsチュートリアルコース」をリリース、受付けを開始した。

DICは、「DIC Railsチュートリアルコース」として、Railsチュートリアルの運営者であり、Rails技術者認定試験運営委員会のテクニカルアドバイザーである安川要平氏によるオンライン動画研修を開催。また、受講中から卒業後もRuby on Railsに関する技術的な質問を含む回答もWebもしくは教室で回答するサービスを提供。卒業後の技術サポートも行う。

「DIC Railsチュートリアルコース」は、HTML、CSSの基礎知識があることが受講の前提。受講形態は、安川氏による動画(期間中無制限受講)+DIVE INTO CODEによるオンライン/オフライン質疑、安川氏が参加するオフライン交流会。

受講期間は申込から2カ月間。卒業生の特典として、3年間、オンライン教材+オンライン/オフライン質疑、オフライン交流会の参加が可能になる。

コースの開講は11月1日で、受講料金は19万8000円(税別)。

関連URL

詳細・申込

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス