1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「DIVE INTO CODE」、ベトナムでプログラミングRails講座を提供

2016年12月28日

「DIVE INTO CODE」、ベトナムでプログラミングRails講座を提供

「DIVE INTO CODE」を運営するDive into Codeは28日、ソフトウェア・ゲーム開発などを展開するALT PLUS VIETNAM COMPANY LIMITEDと共催で、「3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミングRails講座」をベトナムで20日に実施したと発表した。

unnamed「DIVE INTO CODE」は、独学やプログラミングスクールでの挫折経験者、システムエンジニアからRuby/Ruby on Railsを中心としたWEB系エンジニアへの転身を図る人などを対象としたハイレベル・プログラミングスクール。

日本でIT技術者が不足しているなか、日本語を理解しIT開発ができる外国人の需要が日本企業で年々高まっているが、アジアの中でもとりわけ親日国であり、平均年齢約28歳で人口が増加、 2020年までにIT人材の数を100万人に引き上げる国家計画をとっているベトナムはオフショア開発の拠点として注目が高まっているという。

一方でWEBシステムの言語であるRuby/Ruby on Railsの開発ができる現地人の育成に課題を抱えている現状を踏まえ、即戦力となり日本語ができるRuby人材の育成と輩出を目的に本講座の開催に至った。

本講座では3時間という短時間で、開発環境設定からRuby on Railsを使ったWEBアプリケーションの開発まで、英語と日本語で提供した。

Dive into Codeは、今後も「すべての人がRubyで稼げる」ことを目指し、日本国内に限らず海外でもプログラミングスクール「DIVE INTO CODE」を展開していく構えだ。

関連URL

DIVE INTO CODE

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス