1. トップ
  2. データ・資料
  3. 私立高の年間費用は72万4694円、4年で1万4799円増加

2016年12月28日

私立高の年間費用は72万4694円、4年で1万4799円増加

私立高校に生徒一人当たりが納付する平均額は72万4694円で、その額は4年で1万4799円増加している。文部科学省は27日、私立の幼稚園、小中高の授業料を調査し結果を発表した。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

私立学校の生徒等納付金平均額(年額)、出典:文部科学省

調査では、2016年度に、私立の幼稚園、小学校、中学校、高校(全日制)で、生徒一人当たりが入学初年度に納付した平均額を明らかにした。

それによると、授業料、入学料、施設整備費などを合算した年間納付金平均額は、2016年度は私立高校で前年度比0.3%増の72万4694円。その内訳は、授業料が39万3524円、入学料が16万2122円、施設整備費などが16万9048円となっている。

私立高校の年間納付平均額は4年間連続で上昇しており、70万9895円だった2012年度と比べると、2016年度は1万4799円高くなっている。

公立高校と比較すると、2015年度の公立高校の年間納付金平均額は12万4441円で、それと比べ、2016年度の私立高校の年間納付平均額は60万253円高くなっている。

都道府県別では、最も年間納付金平均額が高いのが福井県で99万7242円、最も低いのが愛媛県で47万642円と地域ごとに大きな金額の開きが見られた。

また、私立幼稚園の納付金平均額は前年度比で1.7%増の36万5814円、私立小学校は前年度比で0.4%増の80万8350円、私立中学校は前年度と変わらず78万3013円、高校は0.3%増の72万4694円となっている。

関連URL

文部科学省

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス