1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 金沢工業大×小松市、小松市クリーンセンターの処理フローをARで可視化

2020年1月14日

金沢工業大×小松市、小松市クリーンセンターの処理フローをARで可視化

金沢工業大学は10日、同学の学生が小松市クリーンセンターの処理フローをARで可視化した教材を作成したと発表した。

クリーンセンターのARアプリ内の3Dモデルイメージ

金沢工業大学と小松市が連携し、地域の環境学習の付加価値向上のため、近年注目されるAR技術を使って新しいタイプの学習教材制作にチャレンジしたもので、同学建築デザイン学科の学生が、クリーンセンターのごみ焼却から発電にいたる処理フローに対応したAR教材を制作した。

制作担当の学生と指導教員が小松市技術監理センターからクリーンセンター設備の3次元データの提供を受けるとともに、クリーンセンター現地において、センターの職員やセンターの設計・施工を担当した川崎重工業の技術者から説明を受けた。

その後、担当学生が設備や処理フローの理解を深めつつ、眼鏡型のAR機材HoloLensとゲームエンジンUnityを使用し、提供データに各種の加工を加えながらARアプリを制作した。制作したアプリはHoloLensを使って、実際のクリーンセンター設備と重ね合わせながら閲覧する仕様となっている。

クリーンセンターで同教材の閲覧会を開催する。AR機材(HoloLens)1台のみなので、交代で順に閲覧となる。1名の閲覧時間は約5分を想定している。

開催概要

開催日時 : 1月17日(金)13:30~16:30(13:00開場)
開催場所 : エコロジーパークこまつ クリーンセンター見学スペース〔石川県小松市大野町信三郎谷1〕

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 教育改革を見据えICT×紙で行う新しい授業実践 Classi NOTE 授業への参加意欲があがった 詳しくはこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人西岡学園 札幌山の手高等学校 すらら×英検合格
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス