1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. プログラミング教室「ロボ団」生徒、WROでの好成績を堺市教委が表彰

2020年2月18日

プログラミング教室「ロボ団」生徒、WROでの好成績を堺市教委が表彰

「夢見る」は17日、同社のロボットプログラミング教室「ロボ団」なかもず校(大阪・堺市)に所属する生徒が、WRO(World Robot Olympiad)で優秀な成績を納めたとして、「令和元年堺市教育委員会表彰者」に決定した、と発表した。

WRO Japan2019決勝大会の様子

WROは、世界74の国と地域で6万人以上の小中高校生が参加する、自律型ロボットによる国際的なロボット競技会。世界中の子どもたちが各々のロボットを製作し、プログラムにより自動制御する技術を競い合う。

今回、同市教委表彰者に決定したのは、ロボ団同校の「TAXI」チーム。第16回WRO JAPAN 2019決勝大会のレギュラーカテゴリーエキスパート競技とエレメンタリー部門で準優勝したほか、WRO Internationl Final 2019のレギュラーカテゴリーエキスパート競技エレメンタリー部門にも出場した。

また、同校「Light Planter RK」チームも、第16回WRO JAPAN 2019決勝大会のレギュラーカテゴリーエキスパート競技とジュニア部門で準優勝したほか、WRO Internationl Final 2019のレギュラーカテゴリーエキスパート競技ジュニア部門に出場した成績が認められ、同市教委から表彰される。

教育委員会表彰は、2018年1月以後に文化やスポーツの大会などで優秀な成績を収めた、市内在住又は在学の小学生、中学生、高校生を表彰するもの。

今回の表彰式は、29日午後2時から、堺市立東文化会館(5階メイン)で行われる。

「ロボ団」は、全国約100教室を展開しているロボットプログラミング教室。カリキュラムに、算数や理科などの教科学習の内容を組み込み、子どもたちが苦手意識を持つ前に楽しみながら理解を深められる環境を整えている。

関連URL

ロボ団

夢見る

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス