1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Mogic、eラーニングシステム「LearnO」動画ライブ配信機能を追加

2020年4月18日

Mogic、eラーニングシステム「LearnO」動画ライブ配信機能を追加

Mogicは、eラーニングシステム「LearnO(ラーノ)」において、集合研修・セミナー・授業などの動画をライブ配信できる機能を追加し16日から提供を開始した。

現在、企業の集合研修・セミナーや、学校授業のオンライン化ニーズが急速に高まっている。こうしたニーズの高まりに応えて、カテノイドのライブ配信サービス「Kollus Live」を「LearnO」において提供。同サービスの活用で、利用企業・団体、学校は、時間と場所にとらわれず、いつでもどこでも受講できる仕組みを通して新入社員向けの集合研修やセミナー、学校生徒向けの授業内容などを受講者に確実に届けることができるという。

カテノイドは、韓国で200社以上の企業に導入実績のある動画配信プラットフォームKollusを運営している。2018年に同社とカテノイドはパートナーシップ契約を締結。「LearnO」をOEM製品「Kollusラーニング」として、カテノイドの動画配信システムと連携・販売している。

このたび「LearnO」上で提供する「Kollus Live」は、世界標準のHTML5 Playerに対応する全てのデバイスで利用可能なサービス。動画視聴時はプラグインを利用しなくても主要なWebブラウザで再生可能。スマートフォンやタブレットで視聴する際にも、専用アプリ等は一切不要。また、グローバル最高レベルのCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)専門業者とも連動しているため、同時接続数が多い大規模なライブ配信でも、安定した動画配信が可能。さらに、配信結果の分析も的確に行うことができるため、同サービスの有効活用により、研修やセミナー、授業内容など教育の質を上げることができるという。

「LearnO」ライブ配信サービス概要

提供開始日:4月16日(木)
月額利用料:69900円(税別) 100IDまでの場合
内容:トランスコーディング、動画Clipと録画、統計分析、録画遮断、放送設定など、リアルタイムライブ放送サービスに必要な機能を提供

関連URL

Mogic

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス