1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 青山英語学院、「IT導入補助金」4次交付申請の受付をスタート

2020年6月16日

青山英語学院、「IT導入補助金」4次交付申請の受付をスタート

青山英語学院は、IT導入補助金の3次交付申請受付を12日で締め切り、15日から4次交付申請の受付をスタートした。

4次申請の締切りは26日17時。申請が通れば、システム導入にかかる費用の1/2を国に補助してもらえる。30万円から最大150万円の補助を受け取ることができ、ITツールを導入する絶好のチャンス。

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者が、課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助するもの。業務の効率化や売り上げアップをサポートするもので、IT導入にかかる費用の1/2を国が補助。

例えば、新規で、同社の「映像教材システムASSIST」を導入する「300IDパッケージプラン」の場合、初期費用15万円、月々3万円×12カ月、150ID利用費600円×300で、年間費用69万円が34万5000円になり、34.5万円お得になる。

この他にも、ID利用数や研修サービスを導入する場合など、各学習塾に合わせたプランがある。申請はWEBででき、同社が手伝ってくれる。

「ASSIST」の映像は、インターネット環境のある場所なら、パソコン、タブレット、スマホ(android,iOS)で視聴できる。生徒は教室ではもちろん、自宅でも教室と同じ内容の授業をオンラインで学習できる。

また、「ASSIST」には映像授業のほかに、視聴した授業をどの程度理解しているかチェックできる機能も搭載されている。

関連URL

青山英語学院

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス