1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. イーオン、岡山市教委の「英語担当教員英語力向上モデル事業推進業務」を受託

2020年6月16日

イーオン、岡山市教委の「英語担当教員英語力向上モデル事業推進業務」を受託

イーオンは15日、岡山市教育委員会が公募していた、中学校への英語教師派遣研修を行う「英語担当教員英語力向上モデル事業推進業務」を受託したと発表した。

同社は、岡山県教育庁義務教育課の「英語指導パワーアッププロジェクト」を過去2年間にわたり受託(平成29・30年)しており、これまでに延べ600人の岡山県教員の英語研修を行ってきた。

今回初めての受託となる岡山市教委の同推進業務では、公立学校に英語教師が赴いて教師派遣研修を行う。公立学校へのプロフェッショナル英会話教師派遣による研修は、岡山県内初の取り組み。

新型コロナ対策で、レッスン時は約2mと一定の距離を保ち、教師は飛沫感染防止のためマスク着用や、発音指導など口の動きを見せる必要があるレッスン内容に応じてフェイスシールドを着用するなど衛生面に配慮して、15日から研修を開始。

業務概要

業務期間:6月15日(月)~11月13日(金)
業務時間:306時間(102日)予定。モデル校1校あたり51時間(17日)予定。1日あたりの業務時間は9:00~17:00までの間の連続3時間
実施内容:
①モデル6校で英語教員の英語力向上のためのトレーニング
・音読学習で発音の矯正によるリスニング力の向上およびリーディングのスピードアップ
・英語ディスカッションでALTとのコミュニケーションも想定した英会話実践練習
・授業ですぐに応用できるClassroom EnglishやError Correctionなどを織り交ぜた工程
・個別トレーニングを基本に、参加者のレベルに応じて段階的にトレーニング内容を構成
②授業参観
・授業参観では教員の発音や指示英語を中心に観察し、各教員が苦手とする発音の矯正や授業中のアクティビティに関するアドバイスなどを行う

関連URL

イーオン

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス