1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. eスポーツの大会プラットフォーム「GameTector」、約3500万円の資金調達

2020年6月19日

eスポーツの大会プラットフォーム「GameTector」、約3500万円の資金調達

RIMは18日、リードVCのW ventures社、およびエンジェル投資家からシードラウンドでの資金調達をしたと発表した。

同社は、eスポーツ大会の開催・運営・参加が簡単にでき、大会に特化した戦績データが蓄積される「GameTector(ゲームテクター)」を提供している。

「ゲームテクター」は、ゲーム大会開催の運営負荷を解消するために開発。大会主催者は、「エントリー選手の管理」「対戦表の作成」「独自の結果報告システム」を利用することで、スムースに大会運営ができる。

参加選手は、大会での戦績が蓄積されることで、様々な角度から選手自身が戦績を見返すことができる。

2019年1月にスタートし、これまでに約9000大会を開催。大会参加者数は累積14万人を突破。月間開催数が1600大会を超えるなど、多くの主催者・選手が利用。昨年1年間では、約2000大会、2020年に入りすでに約7000大会を開催している。

「ゲームテクター」が主催するイベント大会では、大規模オンライン大会で参加者数2000人以上、オフライン大会では60人以上の参加、2020年のGWに開催した大会ではツイッターでトレンド入りを果たすなど、チームとして様々な経験を積み「大規模大会の開催ノウハウの蓄積」「オフライン大会の開催ノウハウの蓄積」「注目度の高い大会企画」ができる体制になってきたという。

同社は、今回の資金調達を機に、今後は各ゲーム会社と協力し合いながら、eスポーツ市場への進出を考えている企業や自治体への支援、eスポーツの大会文化作り、コミュニティ作りに尽力していく方針。

関連URL

「ゲームテクター」

RIM

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ ICT教育モデル校が積極導入! 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス