1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. グローバリゼーションデザイン研究所、「プログラミング英語検定」正式版を開始

2020年7月16日

グローバリゼーションデザイン研究所、「プログラミング英語検定」正式版を開始

グローバリゼーションデザイン研究所は15日、プログラミングで求められる英語力を測定して認定する「プログラミング英語検定」のベータ版を終了し、正式版を開始した。

同検定では、プログラミングで接する機会の多い4種類のドキュメント(ソースコード、APIリファレンス、マニュアル/ヘルプ、ユーザー・インターフェイス)から出題し、プログラミング英語力を測定する。

試験は「ベーシック」と「アドバンスト」の2種類があり、ウェブ上で受験する。ベーシック試験では学生(専門学校や大学)、アドバンスト試験では社会人(新卒~経験数年)を受験者として想定している。受験料はベーシック試験が2500円、アドバンスト試験が4000円(税別)。

当面、毎月200名ほどを上限に「模擬試験」を無償で提供する。模擬試験は本試験の約半分の問題数で構成されており、プログラミング英語検定の出題内容を確認できる。

また、同検定の団体受験モニターを募集している。団体受験は、学校や企業において学生や社員のプログラミング英語力の確認に利用できる。モニターに選ばれた場合、アンケート回答などを条件に、10~50名分の同試験用受験チケットが無償で提供される。

関連URL

プログラミング英語検定サイト

グローバリゼーションデザイン研究所

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス