1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. グローバリゼーションデザイン研究所、「プログラミング英語検定」正式版を開始

2020年7月16日

グローバリゼーションデザイン研究所、「プログラミング英語検定」正式版を開始

グローバリゼーションデザイン研究所は15日、プログラミングで求められる英語力を測定して認定する「プログラミング英語検定」のベータ版を終了し、正式版を開始した。

同検定では、プログラミングで接する機会の多い4種類のドキュメント(ソースコード、APIリファレンス、マニュアル/ヘルプ、ユーザー・インターフェイス)から出題し、プログラミング英語力を測定する。

試験は「ベーシック」と「アドバンスト」の2種類があり、ウェブ上で受験する。ベーシック試験では学生(専門学校や大学)、アドバンスト試験では社会人(新卒~経験数年)を受験者として想定している。受験料はベーシック試験が2500円、アドバンスト試験が4000円(税別)。

当面、毎月200名ほどを上限に「模擬試験」を無償で提供する。模擬試験は本試験の約半分の問題数で構成されており、プログラミング英語検定の出題内容を確認できる。

また、同検定の団体受験モニターを募集している。団体受験は、学校や企業において学生や社員のプログラミング英語力の確認に利用できる。モニターに選ばれた場合、アンケート回答などを条件に、10~50名分の同試験用受験チケットが無償で提供される。

関連URL

プログラミング英語検定サイト

グローバリゼーションデザイン研究所

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス