1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アルク、デジタルネイティブ世代に向け新しい英語学習「りすぴこ」

2020年7月21日

アルク、デジタルネイティブ世代に向け新しい英語学習「りすぴこ」

アルクは20日、未就学児向けサブスクリプション型英語学習サービス「りすぴこ」を開始した。

「りすぴこ」は、専用アプリでの「タブレット学習」と「ARテクノロジーを活用したぬいぐるみとの英会話体験」ができる、学びと経験学習が一体化した英語学習サービス。

りすぴこアプリでは、「アルファベット」「単語」「会話表現」「歌」「物語」「ARテクノロジーを使ったぬいぐるみとの英会話」など、バラエティー豊かなコンテンツを通して英語を学ぶことができる。

また、ゲーム要素を学習に取り込むゲーミフィケーションを採用し、3つのコンテンツをやり遂げるごとに、アプリ内でジグソーパズルのピースを1つ獲得できるようになっており、その完成を目指してピースを集めるために「英語をもっと聞いて声に出してみよう」という気持ちを育むことができる。

アルクKiddy CAT英語教室のカリキュラムを元にした未就学児向けの最適な学習コンテンツを提供する。英語学習が初めての子ども向けの「りすぴこOrange」と、英語に触れた経験のある子ども向けの「りすぴこBlue」の2コースを用意している。両コースとも12カ月構成のプログラムで、1カ月に無理なく1ステージずつ学んでいく。

りすぴこアプリに「ぬいぐるみ+AR対応カード」、学習の習慣づけにつながる「マグネットセット」を加えたスターターセットでも提供している。また、りすぴこアプリにはタイムキーパー機能がついていて、タブレットの使いすぎを防ぎ、安心して利用することができるようになっている。さらに、保護者向けのコーナーでは「学習の記録」も確認でき、子どもの毎日学んでいるコンテンツを簡単に知ることができる。対象は3歳~6歳。

関連URL

「りすぴこ」

アルク

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス