1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. プログデンス、Azure ADのアカウント管理ができる機能拡張版の提供開始

2020年9月29日

プログデンス、Azure ADのアカウント管理ができる機能拡張版の提供開始

プログデンスは、Microsoft Excelを使ってAzure Active Directory(Azure AD)のアカウント管理ができるFaaS型クラウドサービスの機能拡張版、School Shuttle for Azure Active Directory Verion1.1を28日から提供開始した。


「School Shuttle」は、GIGAスクールで利用する初等中等の生徒児童アカウントを、学校という教育現場からAzure ADというクラウドサービスへ届けるシャトルバスを連想して名付けたもの。

文部科学省が提唱するGIGAスクール構想において、初等中等教育にICTの活用を実践する方針が展開されており、生徒一人ひとりに学習用端末が提供される。学習のポイントは端末内だけではなく、Microsoft社のクラウドサービス(Azure基盤で提供されているOffice 365)を使ったオンライン授業が大きなウェイトを占めており、利用するには生徒のアカウント管理を適切に行う必要がある。

Office 365のアカウント管理には、Azure ADの構造を理解しなければならないため、教育
現場を預かる教職員によっては負担の大きいものとなる。そこでプログデンスが提供するSchool Shuttle for Azure Active Directoryを使えば、教職員が比較的使い慣れているExcelの操作によって、新入学、進級、卒業などの学校行事に関するアカウント管理・更新作業を容易に実施することができるようになるという。

また、今回リリースする機能拡張版は、各教育委員会、および学校ごとに管理項目をカス
タマイズできる柔軟なサービス設計により、独自運用をサポートすることができる点も大
きな特徴。

サービスの特徴は、①Excelの操作だけでAzure ADのアカウント管理が一括でできる②本来権限のない他学校の情報に、容易にアクセスできないようにできる③専用のサーバー機器が不要。システムのメンテナンスや保守も不要。

2021年3月末までは、サービス利用料が無償(契約初期費用のみ)で利用できるので、GIGAスクールの初期導入だけでなく、学校独自のライフサイクルを想定した年次運用についても検討してほしいという。

関連URL

School Shuttle for Azure Active Directory

プログデンス

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス