1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. BLOCKCHAIN Code Camp、「Azure Blockchain Service」の教材提供を開始

2019年11月8日

BLOCKCHAIN Code Camp、「Azure Blockchain Service」の教材提供を開始

未経験からブロックチェーンのアプリ開発が学べるプログラミングスクール「BLOCKCHAIN Code Camp」は7日、Ethereum コースで、Microsoftが提供する「Azure Blockchain Service」について学べる教材を提供開始した。


Microsoft社が提供する「Azure Blockchain Service」は2019年5月からフルマネージドサービスを展開しており、IoTやAIなどの他機能との連携や、グローバルでの導入事例が多いなど先駆的な取り組みをしている。今回は、「Azure Blockchain Service」を活用したブロックチェーン開発が学べるコースを開講する。

講座概要

コース名:Ethereum コース
対象者とコース詳細:
□対象者が「プログラミング未経験者」
期間:3ヶ月
学ぶコース:
1カ月目:HTML、CSS、JavaScript、Webアプリケーション開発
2カ月目:ブロックチェーンの概念理解、Solidity、ERC20の発行、ERC721の発行、簡易Dapps 2種類
3カ月目:Ethereum Wallet アプリケーション、ブロックチェーンゲームアプリケーション、Azure Blockchain Service
料金:30万円(税込)
□対象者が「エンジニア」
学ぶコース:
1カ月目:ブロックチェーンの概念理解、Solidity、ERC20の発行、ERC721の発行、簡易Dapps 2種類
2カ月目:Ethereum Wallet アプリケーション、ブロックチェーンゲームアプリケーション、Azure Blockchain Service
料金:25万円(税込)

関連URL

BLOCKCHAIN Code Camp

学力向上に即効 S、Aランクが3倍に 西武台高等学校 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • ICT授業を止めない、快適なネットワーク環境づくり! ~withコロナ時代に先進学校から学ぶ~ 会期:2020年11月10日(火) 時間:13:00~17:00 主催:マイナビニュース 協賛:FURUNO SYSTEMS WIRELESS NAVI 2020
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス