1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. BLOCKCHAIN Code Camp、「Azure Blockchain Service」の教材提供を開始

2019年11月8日

BLOCKCHAIN Code Camp、「Azure Blockchain Service」の教材提供を開始

未経験からブロックチェーンのアプリ開発が学べるプログラミングスクール「BLOCKCHAIN Code Camp」は7日、Ethereum コースで、Microsoftが提供する「Azure Blockchain Service」について学べる教材を提供開始した。


Microsoft社が提供する「Azure Blockchain Service」は2019年5月からフルマネージドサービスを展開しており、IoTやAIなどの他機能との連携や、グローバルでの導入事例が多いなど先駆的な取り組みをしている。今回は、「Azure Blockchain Service」を活用したブロックチェーン開発が学べるコースを開講する。

講座概要

コース名:Ethereum コース
対象者とコース詳細:
□対象者が「プログラミング未経験者」
期間:3ヶ月
学ぶコース:
1カ月目:HTML、CSS、JavaScript、Webアプリケーション開発
2カ月目:ブロックチェーンの概念理解、Solidity、ERC20の発行、ERC721の発行、簡易Dapps 2種類
3カ月目:Ethereum Wallet アプリケーション、ブロックチェーンゲームアプリケーション、Azure Blockchain Service
料金:30万円(税込)
□対象者が「エンジニア」
学ぶコース:
1カ月目:ブロックチェーンの概念理解、Solidity、ERC20の発行、ERC721の発行、簡易Dapps 2種類
2カ月目:Ethereum Wallet アプリケーション、ブロックチェーンゲームアプリケーション、Azure Blockchain Service
料金:25万円(税込)

関連URL

BLOCKCHAIN Code Camp

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス