1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 千葉大、学生が参加するISO14001内部監査 半分をオンライン化して実施

2020年10月5日

千葉大、学生が参加するISO14001内部監査 半分をオンライン化して実施

千葉大学は環境マネジメントに関する国際規格ISO14001を取得しており、9月28日~30日に学生112名と教職員43名の計155名で、4キャンパス118カ所の研究室などの内部監査を実施した。

同学は2004年に環境マネジメントに関する国際規格ISO14001を取得し、PDCAサイクルに沿って環境に配慮した組織運営を行っており、毎年1回、取り組み状況を確認する「ISO内部監査」を実施している。同学では監査への参加も教育の一環と捉えており、「環境ISO学生委員会」に所属する学生が授業の中で監査の力量をつけ、実際の監査にも監査員として携わっている。

内部監査ではインタビューと文書確認、現場確認を行い、省エネ省資源対策の実施状況や、化学薬品や高圧ガスボンベなどの管理状況、廃棄物処理法や毒物および劇物取締法、高圧ガス保安法などの環境関連法規制遵守状況を監査した。

今年度は新型コロナウイルス感染防止対策の観点から、例年対面で行っている監査員研修はすべてオンラインで行った。また、監査される対象は事前にオンラインでチェックシートに回答したり、環境関連法規制の遵守状況のチェックシートをメールで提出したりすることで、当日の監査は「現場で見なければわからないこと」の確認を中心に行った。

その結果、現場での監査所要時間を例年の60分から30分に短縮し、また、各監査チームの人数を減らして教職員の監査員を例年の半分以下にし、現場での密をできるかぎり避けるようにした。

学生委員会は、監査当日に監査員として教職員と対等な立場で監査にあたる以外にも、内部監査学生統括担当が内部監査計画書、監査チェックシート、監査報告書の原案の作成、内部監査対象研究室の選定作業、学生監査員のシフト作成などを行った。

関連URL

千葉大学環境ISO学生委員会

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス