1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. grooves、ITエンジニアのオンライン勉強会で11月から新シリーズを開催

2020年10月15日

grooves、ITエンジニアのオンライン勉強会で11月から新シリーズを開催

grooves(グルーヴス)は14日、同社が定期開催しているITエンジニア向けのオンライン勉強会で、11月から新シリーズの「Front-End(フロントエンド)Study」を開催すると発表した。

この勉強会は、ITエンジニアの成長・交流機会を創造することを目的に、「Studyシリーズ」として開催。「Front-End」は、これまでのインフラ、データ分析基盤に続く第3弾のテーマで、12日のイベントサイトオープン後、24時間で1000人以上の参加希望者が集まった。

同社のエンジニア向けポートフォリオサービス「フォークウェル」では、2017年からITエンジニア向けの技術コミュニティを「勉強会・イベントスポンサー」という形で支援。

新型コロナの影響が出始めた今年2月18日からは、オンライン上のイベント・勉強会にもスポンサー費用を支払うことを決定。Zoomの配信方法のレクチャーも行い、国内産業のデジタル化を先導する技術コミュニティの持続可能な活動をサポートしている。

今年4月の緊急事態宣言以降は、ITエンジニアの学びに新たな選択肢を提示するため、累計500回以上のスポンサー活動を行ってきた知見を活かした大型のオンライン勉強会「◯◯ Studyシリーズ」を主催。

今回の「Front-End Study」で取り上げるフロントエンド開発は、バックエンドやデザイン、インフラなどコラボレーションの機会が多く、特定の技術によらないWebそのものへの知識が求められる領域。

どのフロントエンド技術でサービス開発する際も必要となる大切な指標や、Web技術全体について学び直すことができる機会として、今回、「Front-End Study」を設けた。

勉強会では、それぞれのテーマについて知見を持つ専門家を複数招き、フロントエンド、バックエンドといった技術の垣根なく、現代のWeb開発で求められる技術を学ぶ。

また開催当日は、YouTube Liveを使ってリアルタイムで配信。終了後は、アーカイブ動画も公開し、当日参加が難しい人や復習用に後日、視聴ができるようにする予定。

開催概要

テーマ:第1回「Cloud Native時代のフロントエンド」
開催日時:11月9日(月)19:30〜22:00
開催方法:Youtube Live( l-エンジニア向け勉強会チャンネル )
詳細・申込

次回以降の開催予定:
・12月:第2回「(仮)フロントエンド開発とパフォーマンス」
・2021年1月:第3回「(仮)デザインに命を吹き込むフロントエンド開発」
・2021年2月:第4回「(仮)フロントエンド開発とWebアクセシビリティ」
・2021年3月:第5回「(仮)フロントエンドアーキテクチャのこれまでとこれから」

関連URL

「フォークウェル」

grooves

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス