1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 総務省、無料「誰でも使える統計オープンデータ」受講者の募集開始

2020年10月29日

総務省、無料「誰でも使える統計オープンデータ」受講者の募集開始

総務省は27日、統計リテラシー向上の取組として、将来の経済成長を担う“データサイエンス”力の高い人材育成のため、データサイエンス・オンライン講座「誰でも使える統計オープンデータ」を2021年1月 12 日から開講するとし、受講者の募集を開始した。

同講座は、社会人・大学生に統計オープンデータを活用したデータ分析の手法を分かりやすく解説する講座。

同講座は、2017年6月に開講し、延べ約2万人が受講。政府統計の総合窓口である e-Stat、総務省及び統計センターが提供する統計 GIS、API 機能等を使い、統計オープンデータを活用したデータ分析の手法を学ぶことができる内容。

同講座の開講は、2021年1月 12 日の予定。同講座紹介用ウェブサイトにおいて、2021年3月8日までの予定で、誰でも受講登録が可能(登録料及び受講料無料)。

開催概要

開校日:2021年1月12日(火)
学習時間:1回10分程度×5~7回程度(1週間)×4週
課題:各週の確認テストと最終課題の実施
講師:西内啓氏(統計家)、小谷祐一朗氏(「GEEO」開発者)、総務省統計局及び統計センター職員

受講登録

関連URL

誰でも使える統計オープンデータ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス