1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. GIGAスクール構想にワイヤレスディスプレイアダプター「TrinityVision」

2020年12月22日

GIGAスクール構想にワイヤレスディスプレイアダプター「TrinityVision」

マトリックスコミュニケーションズは21日、遠隔管理システムを内蔵しWi-Fiアクセスポイントとしても使える業務用ワイヤレスディスプレイアダプター「TrinityVision」を発表した。

従来、PCやスマートフォンの画面を大型テレビへ無線で画面転送(ワイヤレスミラーリング)を行う際、OSごとに専用の異なるアプリやアダプターが必要だったが、新製品では、ミラキャストに対応したWindowsパソコンやスマートフォン、エアプレイに対応したMacBookやiPad/iPhone、アンドロイドキャストに対応したスマートフォンやChromebook、Chromeブラウザーが利用できるパソコン画面を、専用アプリなしで直接大型テレビへワイヤレスミラーリングができる。

教師や生徒に配布した1人1台に、デバイスの画面をその場から瞬時に大型提示装置へワイヤレス表示することができ、授業の途中で一斉学習、個別学習、協働学習の切り替えを行って情報活用能力の育成が進む授業づくりに役立つ。

また、画面転送機能に加え、Wi-Fiアクセスポイント機能も内蔵。WPA2PSKやWPA2-Wi-Fi Enterpriseに対応した高度なセキュリティを確保し、外部から持ち込んだデバイスのワイヤレスミラーリングはもちろん、内部ネットワークと隔離したゲスト用のローカルWi-Fi回線としても利用できる。

さらに、インターネット経由でTrinityVisionの設定管理ができるクラウドベースの専用遠隔管理ソフトウェアの搭載を予定している。これにより、ネットワーク状態の監視や本体電源のリモートオン/オフ、本体リセット、ファームウェア更新など、遠隔地に設置したTrinityVisionを1台ごと管理できるようになるので、トラブル発生の際に役立つ。価格はオープン、参考価格は1台4万5000円(税別)。

関連URL

マトリックスコミュニケーションズ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス