1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Armoris、 オンライン参加可能な実戦型サイバーセキュリティ演習「Armoris DOJO CORE」を提供開始

2021年5月21日

Armoris、 オンライン参加可能な実戦型サイバーセキュリティ演習「Armoris DOJO CORE」を提供開始

凸版印刷のグループ会社であるArmoris(アルモリス)は、オンライン参加が可能な実戦型サイバーセキュリティ演習「Armoris DOJO CORE」を19日から提供開始した。初回の開催は28日を予定しているという。

「Armoris DOJO CORE」概要

同社は、日本、NATO、エストニアで実績のある専門家の知見を結集させ、実戦的なサイバーセキュリティ人材育成プログラムおよび組織のセキュリティレベル向上サービスを提供。

今回提供する同プログラムは、システムがサイバー攻撃を受けた際の影響を最小化し、早急に元の状態に戻す仕組みや能力(サイバーレジリエンス)の強化を目指し、「管理担当者役・技術担当者役・司令塔役」といったサイバーインシデント対応において、基本となる役割を参加者に付与し、グループ単位で行う演習。

「Armoris DOJO CORE」は、「自社システムが狙われたサイバー攻撃」をテーマとし、実機を使用した調査、ログ解析等の技術的要素と、内外関係者との連絡調整といった管理的要素の双方を取り込んだ独自のシナリオを使用。独自のシナリオに沿ったインシデント対応の疑似体験を通して、積極的な挑戦や様々な失敗を経験することで、自組織/参加者自身の実力、強みや弱みを把握することが可能となり、把握した内容に応じ、今後のスキル取得や社内ポリシーの整理など、学びの方向性を明確化できるという。

また、参加者は部署の枠組みや役割を超えたグループ編成でプログラムに取り組むことで、組織を横断したつながりの熟成が期待でき、社内の円滑なインシデント対応体制の構築に寄与するという。

「Armoris DOJO CORE」の特長は、サイバーインシデント対応で基本となる「管理担当者役、技術担当者役、司令塔役」の役割を参加者に付与し、実際の事象に即したシナリオで構成され、グループ単位の実践型演習が行われる。オンラインでの参加、会場受講や出張開催のいずれも対応可能だという。

価格は、1企業あたり130万円(税別)。参加推奨人数は15人。受講は企業(組織)単位の申し込みとなる。

関連URL

凸版印刷

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス