1. トップ
  2. 学校・団体
  3. TUJ、情報テクノロジー系拡充に向け学部で副専攻2つとオンライン情報工学修士を追加

2021年5月21日

TUJ、情報テクノロジー系拡充に向け学部で副専攻2つとオンライン情報工学修士を追加

デジタル時代にグローバルな舞台で活躍できる人材の育成を目指すテンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)は19日、学部生に向け5月下旬から始まる夏学期から、新たにコンピューターサイエンス (CS)と情報工学 (IST)の副専攻2つを導入すると発表した。併せて学部専攻に関係なく、すべての学士号保有者向けにISTのオンライン修士号プログラム (MS)も提供する。

Photography by Ryan Brandenberg / Temple University

同学の学部課程では、すでに2年間同学で履修した後に、米国フィラデルフィアの大学本校で2年間履修し学位を取得する「2+2留学プログラム」を提供している。米国本校では、CSを副専攻とする学生の多くは工学、IST、数学といった関連領域を主に専攻している。このたび、同校で学ぶその他の専攻分野の学生にも、事前にいくつかの必修科目を履修することを条件に、CS副専攻の道が広く開かれることになった。ISTを副専攻した場合、学生は多彩な分野における技術的基礎を身に付けることができる。

同校のジョージ・ミラー教務担当副学長は、「これらの副専攻は、アートやアジア研究からコミュニケーションや国際ビジネスにいたるまですべての専攻学科の学生にとって、好ましい補完的な役割を果たすものです。プログラミングと理論の両方を学ぶことで、就職活動において極めて魅力的な人材となるスキルを学生は習得できます」と語る。

オンライン修士号プログラムは、コンピューターサイエンスを専攻としない学生のための、卒業後の選択肢となる。どの分野であっても学士号の保有者であれば、事前に学部で履修する必修科目はなく、いつでも出願手続きができる。学費は、海外からの学生を含め日本在住の学生も、米国本校の州内居住者と同額とするという費用面での利点もある。2021年秋学期にオンライン修士号プログラムへの入学を希望する場合は、7月31日が願書締切になる。

関連URL

テンプル大学ジャパンキャンパス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス