1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 東京外国語大学など、大学入試用英語スピーキング・テスト「BCT-S」を全国の大学に導入推進

2021年7月6日

東京外国語大学など、大学入試用英語スピーキング・テスト「BCT-S」を全国の大学に導入推進

英国の公的な国際文化交流機関ブリティッシュ・カウンシルと東京外国語大学は、両者が共同で開発した大学入試用英語スピーキング・テスト「BCT-S」の導入から 3 年の実績を踏まえ、全国の大学に向けて、同テストの導入を推進していくための今後の構想を発表した。受験生や高等学校に対しても同テスト対策の拡充をはかり、学習と指導の支援を進めていくという。

東京外国語大学での BCT-S 実施においては、「3 年連続無事故、採点不能事例ゼロ」「評価システムの効率化の結果、採点が早く 5 日目に結果が出る」「試験時間が 12 分と短く、受験者と大学双方にとって利便性が高い」実績が明らかに。東京外国語大学は、「BCT-S」を 2022 年度入試から同大学全学部で採用することを決定。東京女子大学でも 2021 年度入試から導入されている。

また、2021 年 2 月からタブレットを使用してのテスト実施が開始され、より操作しやすく、便利で安全な利用が可能に。2023 年度以降の導入についてより多くの大学が検討を進められるよう、ブリティッシュ・カウンシルと東京外国語大学は、推進活動を予定している。

活動概要
【全国の大学を対象にした啓発活動】
・大学向けオンライン説明ウェビナー:7月29日実施
詳細
・大学学長向け「BCT-S」インフォメーションパックの案内
【受験生や高等学校を対象にした試験対策の支援活動】
・オープンキャンパスでの「BCT-S」オンライン体験会:7 月 31 日および 8 月 1 日実施
詳細
・高校教員向けのオンライン無料講座:8月4日実施
詳細・申込
・サンプル問題の解説動画や採点基準の手引きなどの試験対策の拡充
7月半ば以降ウェブサイト等で公開予定

関連URL

BCT-S

ブリティッシュ・カウンシル

東京外国語大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス