1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 中高生による社会課題解決を表彰するアワード「STEAM JAPAN AWARD 2021」開催

2021年7月14日

中高生による社会課題解決を表彰するアワード「STEAM JAPAN AWARD 2021」開催

STEAM JAPAN AWARD 実⾏委員会は、中⾼⽣を対象とした、STEAM ⼈材を表彰する⽇本初の取り組みとして、中⾼⽣による社会課題解決を表彰するアワード「STEAM JAPAN AWARD 2021」を開催する。

「自ら課題を設定」し「⾃分のスキル」で解決する、日本でもそんな次世代が台頭している。そうした⼈々にスポットを当てていきたいという思いから、同委員会は、「自ら課題を設定し、アイデアをカタチにして解決していく」中⾼⽣を表彰する取り組みをスタートした。

STEAM とは、科学(Science)、技術(Technology)、⼯学(Engineering)、アート(Arts)、数学(Mathematics) の 5 つの領域を対象とした理数教育に創造性教育を加えた教育理念。 知る(探究)とつくる (創造)のサイクルを⽣み出す、分野横断的な学びが得られる。体験の中からさまざまな課題を⾒つけ、クリエイティブな発想で問題解決を創造、 実現していくための⼿段を⾝につける。社会とテクノロジーの関係がますます密接になっていくこれからの AI 時代、この 5 つの領 域の理解と学びを具体化する能⼒がますます必要となってくる。同アワードでは中⾼⽣を対象に 社会課題を抽出・設定し、⾃分たちの具体的なスキルで解決・実装した事例を募集、優秀者を「⾃ら課題を設定し、新たな変化を⽣み出す⼈材=STEAM ⼈材」として表彰する。

応募資格は、2022 年 3 ⽉時点で中学 1 年⽣から⾼校 3 年⽣(⾼等専⾨学校生や定時制⾼校生合は、2022 年度 3 ⽉時点で 19 才以下)で、⾃⾝で応募が出来ること。必ず保護者の同意が必要。応募期間は7 ⽉ 13 ⽇から9 ⽉ 30 ⽇で、9 ⽉中旬ごろから11 ⽉末⽇までに審査をし、12月18日にオンラインで表彰式を行う。

応募フォーム

関連URL

STEAM JAPAN AWARD 実⾏委員会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワーク用パソコンのセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 集中力を見える化 質の高い授業へ オンライン授業 e-ラーニング カメラ AI MIRAXIA
  • GIGAスクール端末のお困りごとを解決!!! 24時間365日受付 何かあれば電話一本で! Warranty technology
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス