1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 早稲田実業学校でNZ政府推奨デジタル教育の短期集中型プログラミング授業実施

2021年7月27日

早稲田実業学校でNZ政府推奨デジタル教育の短期集中型プログラミング授業実施

ニュージーランド大使館 エデュケーション・ニュージーランド(NZ政府留学促進機関)は21日、コードアベンジャーズ(NZエドテック企業)の主催で、早稲田実業学校においてコード・キャンプを実施したと発表した。

同キャンプは、ニュージーランドのデジタル教育で使用されているオンライン学習ツール「コードアベンジャーズ」を利用した通学型の短期集中型プログラム。同プログラムは対面の講師2名とオンライン講師1名の計3名の講師により、すべて英語で行われた。

同国は、デジタル教育を小学校から始めるなどデジタルイノベーションを推進する電子国家。イギリスのエコノミスト誌調査部門が毎年発表する「未来教育指数:Worldwide Educating for the Future Index」で、同国の教育制度は、3年連続英語圏で1位となるなど、同国のデジタル教育は世界的に高く評価されている。その教育ツールとして、同国教育省はコードベンジャーズと共に開発を行った。同機関の推奨を受け、世界各国の子どもたちが多言語に翻訳されたプログラムで学んでいる。カリキュラムには、15歳対象のBlockly, Python, JavaScriptを使用したプログラミングを用いた基本的なデータ型の学習、16, 17歳対象のPython, JavaScript, VisualBasic, Java, C#, PHPの学習が含まれる。

参加した同校の生徒14名は、多くが日本での英語学習しか経験していない。また、プログラミングやコーディングについての一般的な知識も持たない生徒が参加。目標にしていたhtml言語を用いたWebサイトの作成に向けて、午前10時~16時30分まで、文字入力、文字装飾、リンクや写真・動画の挿入などを学んだ。

14日には、同キャンプに参加した学生が作成したWebサイトの発表会をオンラインで実施。関係者の前で英語でプレゼンテーションを行った。講評では、コードの知識がない段階からわずか6時間で完成させたWebサイトの完成度やその内容、慣れない英語でのプレゼンテーションについて、非常に素晴らしかったというコメントが寄せられたという。

関連URL

コードアベンジャーズ

エデュケーション・ニュージーランド

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス