1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 早稲田大、付属系属校生徒がオンラインでNZの大学生とLanguage Exchangeプログラム

2020年10月24日

早稲田大、付属系属校生徒がオンラインでNZの大学生とLanguage Exchangeプログラム

早稲田大学、ニュージーランド大使館 エデュケーション・ニュージーランド、NA CAPEは、9月29日から「Japan New Zealand International Language Exchange」を開始していると発表した。

このプログラムは、国際移動が制約されているコロナ禍において、国際交流をオンラインで行う全10回のプログラム。早稲田大学の附属系属校である、早稲田大学本庄高等学院、早稲田実業学校、早稲田佐賀高等学校の3校の生徒と、ニュージーランドの大学で日本語を学ぶ大学生が交流を行なっているという。

現在、新型コロナウイルス感染症拡大により、従来実施していた短期や中長期の留学プログラムが行えていない。そこで、現地に留学せずとも、ニュージーランドの同年代の学生との交流を、全行程を自宅で日本の学校の開始前の午前6時30分(日本時間)からオンラインで実施。

オンライン交流という新たな形式によって、従来の留学に高いハードルを感じていた生徒も参加しやすい交際交流プログラムとなっている。また、これまでに実施例の少ない、高校生と大学生の1対1での交流を実現。時差の少ないニュージーランドとだからこそ可能な新しい国際交流を実現。お互いの言語習得を助け合い、異文化を理解するプロセスを通じて、共感力や優しさといった感情指数の向上にも繋がることに期待できるという。

関連URL

早稲田大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス