1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 子ども向け社会体験アプリ「ごっこランド」にジェントスの「ライトでアドベンチャー!」が登場

2021年11月9日

子ども向け社会体験アプリ「ごっこランド」にジェントスの「ライトでアドベンチャー!」が登場

キッズスターは5日、同社が提供する子ども向け社会体験アプリ「ごっこランド」に、新ゲーム「ライトでアドベンチャー!」が登場したと発表した。

同ゲームを協賛するジェントスは、懐中電灯やランタンなどを提供している日本のメーカー。職人やレスキュー隊、警察・消防などの専門分野でも多く使用されている。同ゲームでは、ヘッドライトやランタンなど、ライトの効果やシーン別の様々な用途について、楽しく学ぶことができるという。

同ゲームは、「ライトでアドベンチャー!」と「ライトをつかおう!パズル」の2つのゲームから選択できる。

「ライトでアドベンチャー!」は、ヘッドライトを装着し、暗闇の中を照らしながらトロッコで前進。途中、線路が途切れているところや岩などの障害物を避け、コース上にあるライトを獲得しながら前進する。道中でライトを獲得すると、照射範囲が広くなる。一方、障害物に当たると、照射範囲が狭くなる。一定距離進むごとに、トロッコのスピードが段階的に上がり、難易度が上がる。何度も障害物にぶつかってしまったり、穴の水溜りに落下するとゲームオーバー。進んだ距離に応じて、スコアが表示される。

「ライトをつかおう!パズル!」は、8ピースからなる、ジグソーパズル。ピースを並べて、絵を完成させると、暗闇だったイラストにライトが灯り、絵がはっきりわかる。キャンプや夜の散歩、登山など、プレイ毎に絵が変わり、ライトの利用シーンに応じた様々なライトの種類を知ることができる。

「ライトでアドベンチャー!」プレイ動画

関連URL

「ごっこランド」

キッズスター

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス