1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 文科省、「端末の利活用状況等の実態調査」学習者用端末1台当たり「1.0人」

2021年11月9日

文科省、「端末の利活用状況等の実態調査」学習者用端末1台当たり「1.0人」

文部科学省は、全国1812自治体の公立小中学校などを対象に実施した、「端末利活用状況等の実態調査」の今年7月時点の確定値を、6日付で公表した。


同調査は10月29日に実施したもので、具体的な調査対象は、小学校など(小学校、義務教育学校1〜6年、特別支援学校小学部)1万9787校と、中学校など(中学校、義務教育学校7〜9年、中等教育学校前期課程、特別支援学校中学部)1万157校。

確定値によると、全国の公立の小学校などの96.2%、中学校などの96.5%が、「全学年」または「一部の学年」で端末の利活用を開始していた。

小学校などの端末の利活用開始状況をみると、「全学年で利活用を開始」84.8%、「一部学年で利活用を開始」11.4%、「利活用を開始していない」3.8%となっている。

一方、中学校などの端末の利活用開始状況は、「全学年で利活用を開始」91.3%、「一部学年で利活用を開始」5.2%、「利活用を開始していない」3.5%だった。

端末の整備状況に関しては、1744自治体(96.2%)が整備済みで、68自治体(3.8%)が整備未完了。また、義務教育段階における学習者用端末1台当たりの児童生徒数は「1.0人」という結果だった。

自治体のうち、「2021年8月~12月の間に整備完了予定」が25自治体、「2022年1月~3月の間に整備完了予定」が24自治体、「2022年4月以降に整備完了予定」が19自治体となっている。

また、非常時の端末の持ち帰り学習の実施状況については、「実施できるよう準備済み」が66.5%、「準備中」が30.9%、「実施・準備をしていない」が2.6%。

平常時の端末の持ち帰り学習の実施状況は、「準備中」が最も多く51.8%と半数以上で、次いで「実施している」26.1%、「実施・準備をしていない」22.1%だった。

関連URL

実態調査の詳細

「GIGAスクール構想の実現について」

文部科学省

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務支援システムの二要素認証ログイン 長野県教育委員会 導入事例 シンプルでわかりやすい! 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の安否確認に
  • 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン 詳しくはこちら! lockncharge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス