1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 課題解決プラットフォーム「YUIME Japan」、東京農大生物産業学部が来春から導入

2021年11月10日

課題解決プラットフォーム「YUIME Japan」、東京農大生物産業学部が来春から導入

YUIMEは9日、同社の、1次産業を専門とした課題解決プラットフォーム「YUIME Japan(ゆいめじゃぱん)」が、2022年春から、東京農業大学生物産業学部自然資源経営学科の授業に導入されることになったと発表した。

同大はかねてから、新規就農推進フォーラムの開催、就農関連科目の開講、学外農業研修・実習、事後研修の実施など、就農支援プログラムに力を入れてきた。

今回、同プラットフォームを授業に導入することで、学生が卒業後のキャリアプランとして就農を選択できるよう、1次産業の現場で即戦力として活躍できる人材の育成を目指す。

具体的には、実務演習という科目の中で、全国の農家から多種多様な営農を学ぶ機会を設けるほか、インターシッププログラムを充実することで、就農のためのプラットフォーム形成を図る。

そして、就農を推進していくためには、仕事だけでなく、農家としてのライフスタイルを学生に見せることが大切であると考えており、自分が農家になったらどのような生活を送ることができるのかをイメージするためのサポートを行う。

また、本州の農家から営農や就農に踏み切ったポイント、農業のあるライフスタイルをリアルに学ぶ機会を設け、オンラインによる遠隔授業の導入も考えている。

YUIMEは、1次産業に特化した支援企業としてデータプラットフォーム事業と人材支援事業を行う企業。

2012年の創業時から展開する人材支援事業では、永続的に全国の生産現場に労働力を支援出来る仕組みを作るために、産地間同士を連携させる独自の支援体制を構築。現在では、全国の繁忙期だけの短期労働力確保を現実化したパイオニア的人材支援企業としての実績を誇っているという。

関連URL

東京農大生物産業学部自然資源経営学科

YUIME

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 先生方にもテレワークを! 狭山市導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の健康管理に
  • BYOD予備機にも最適! 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン実施中 lockncharge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス