1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 駒澤大学、2022年度から「データサイエンス・AI教育プログラム」を開始

2021年11月10日

駒澤大学、2022年度から「データサイエンス・AI教育プログラム」を開始

駒澤大学は、2022年4月から「データサイエンス・AI教育プログラム」を開講する。

リテラシーレベルから、さまざまな学部・学科の専門教育までつながる2段階のプログラム。文部科学省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」に準拠した全学共通科目「データサイエンス・AI入門」を設置し、同科目を含むリテラシーレベルの修了者には修了証を発行する。

同大学では、文学部心理学科、文学部地理学科、法学部政治学科、経済学部、経営学部、グローバル・メディア・スタディーズ学部、医療健康科学部など、多くの学部でデータサイエンス・AIに関係する授業や研究が行われていて、新たに設置する「データサイエンス・AI教育プログラム」では、全学生共通の教養レベルの学び(リテラシーレベル)から各学部・学科の専門分野へと接続する専門応用レベルまで、大きく分けて2段階のプログラムを設置する。

全ての学部の学生が履修できる新設の全学共通科目が「データサイエンス・AI入門」。高校で数理科目から遠ざかっていた学生にも学びやすい入門科目とする。基礎的なデータ解析の実習を通して、データ解析やAI技術を用いることで社会経済のさまざまな課題を解決しうること、そして、それらの技術を使う上でどういうことに注意を払っていくべきか、といった内容の修得を目指す。

リテラシーレベルの修了者には、就職活動や大学院進学での利用を想定した修了証を授与。今後は専門教育科目を含む応用基礎レベルのプログラムにおいても修了証を発行することを検討している。

同大では、データサイエンス・AIがもつ学びの可能性について、さまざまな学部の教員へのインタビュー企画を実施。HPにて随時詳細を公開していく。

関連URL

駒澤大学「データサイエンス・AI教育プログラム」

駒澤大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務支援システムの二要素認証ログイン 長野県教育委員会 導入事例 シンプルでわかりやすい! 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の安否確認に
  • 使いやすさNo.1の充電保管庫 BYOD予備機にも最適! 早割キャンペーン 詳しくはクリック! lockncharge
  • Microsoft Surface 生徒の学びのためのSurface Laptop SE NEW 税抜2万円台~
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス