1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. オンライン学習「ShareWis」、日本企業で働く外国人向けの「ビジネス日本語講座」配信

2021年11月29日

オンライン学習「ShareWis」、日本企業で働く外国人向けの「ビジネス日本語講座」配信

シェアウィズは26日、同社のオンライン学習プラットフォーム「ShareWis」で、日本企業で働く外国人社員向けの「ビジネス日本語講座」を配信すると発表した。

同講座は、オンライン日本語学校「ジャパンオンラインスクール」代表の小池慶氏のオンライン講座「新入社員のための日本語~Japanese Course for New Hires」で、初めて日本企業で働く外国人社員向けの内容。

コロナで日本に入国できない外国人が現地から受講することもできるほか、外国人を採用する企業の企業研修としても利用できる。

具体的には、「好印象を与える自己紹介」「相手を気遣うあいさつに慣れる」「注意を受けた時に気持ちよく受け答えできる」など、ビジネスシーンで必要な日本語を学ぶ。

また、日本のビジネス文化なども紹介しており、外国人が直面するトラブルやミスコミュニケーション対策としても活用できる。

同講座は、すべて日本語で解説しており、JLPT(日本語能力試験)N3以上が対象。

「ShareWis」は、90秒動画でサクッと学べる「スナックコース」と、各分野の専門家が教える「プロコース」の2種類のコースが掲載された社会人向けのオンライン学習サービス。多彩な分野の1000講座以上のコースで学ぶことができる。

講座の概要

Unitの具体的な内容:
①紹介(Self introduction)、②電話(Answering / Making a call)、③頼む・断る(Request)、④あいさつ・短い会話(Greeting & Short conversation)、⑤許可をもらう(Get / Ask permission)、⑥アポイント(Appointment)、⑦誘う(Invite)、⑧意見(Opinion)、⑨注意をする・注意を受ける(Give / Receive attention)、➉提案・申し出(Make / Receive suggestion)
総学習時間:約2時間40分
受講料:2400円 (税込)

詳細・申込

関連URL

「ShareWis」

ジャパンオンラインスクール

シェアウィズ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス