1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. サイエンス・コミュニケーションプロジェクト、「プログラミング体験教室」を7日開催

2021年11月5日

サイエンス・コミュニケーションプロジェクト、「プログラミング体験教室」を7日開催

金沢工業大学の学生・教員、国際高等専門学校の教員で運営するサイエンス・コミュニケーションプロジェクトは7日、中谷宇吉郎 雪の科学館で児童を対象としたプログラミング講座を開催する。

小学校1~3年生を対象とした講座は10:30~12:00に開催。同講座ではシールとスキャナーを使ったプログラミング教材を使用し、プログラミング的思考を体験。これは工学部電気電子工学科4年生の廣瀬裕也さんが遠隔授業システムZOOMを利用して講師を務め、南出章幸教授(国際高専)が現地でサポート役を務めるという。

同教材は、同プロジェクトが開発したもので、小学生の誰もが専門的な知識を学ぶことなく、基本的な人間の感覚に基づいてコース上に示された課題を解決するもので、スタートからゴールを目指して、「まえにすすむ」「みぎに向く」等の「プログラミングシール」を貼り合わせ、ロボットを動かす。

小学校4・5年生を対象とした講座は13:00~14:00に開催。プログラミング言語スクラッチを使用してゲーム作りを体験する。これはサイエンス・コミュニケーションプロジェクトのOBの丸岡拓さんと竹俣一也教授(金沢工大)が担当。

小学校5・6年生を対象とした講座は14:30~16:00に開催。ソフトバンクの協力のもと、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」を活用し、制御プログラミングを体験。これも工学部電気電子工学科4年生の廣原隆司さんが遠隔授業システムZOOMを利用して講師を務め、藤島悟志教授(国際高専)が現地でサポート役を務める。

関連URL

サイエンス・コミュニケーションプロジェクト

金沢工業大学

国際高等専門学校

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス