1. トップ
  2. 学校・団体
  3. eboard、学習困難を支援する「やさしい字幕」がジャパンSDGsアワード受賞

2021年12月27日

eboard、学習困難を支援する「やさしい字幕」がジャパンSDGsアワード受賞

eboard(イーボード)は24日、同団体が取り組んできた「やさしい字幕プロジェクト」が第5回ジャパンSDGsアワードにおいて「SDGs推進副本部長(内閣官房長官)賞」を受賞したと発表した。

左から松野官房長官、eboard代表中村、岸田総理、林外務大臣

「ジャパンSDGsアワード」(主催:SDGs推進本部、本部長:内閣総理大臣)は、持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けた企業・団体等の取組を促し、オールジャパンの取組を推進するために創設された。SDGs達成に資する優れた取組を行っている企業・団体等を、SDGs推進本部として表彰するもので、NGO・NPO、有識者、民間セクター、国際機関等の広範な関係者が集まるSDGs推進円卓会議構成員から成る選考委員会の意見を踏まえて決定される。

「やさしい字幕プロジェクト」は同団体が提供する約2000本の映像授業に、学習のハードルが下がる簡素化された日本語字幕および自動翻訳字幕をつける取り組み。ろう・難聴や外国につながりのある日本語支援が必要な子ども、発達の障害や認知特性から視覚による支援が必要な子どもを主な対象に、普通の日本語よりも簡単で、外国人にもわかりやすい「やさしい日本語」を参考に字幕を作成した。

新型コロナウイルス感染拡大のなか、企業・団体からの社員ボランティア、個人の在宅ボランティアを合わせて1000名以上の協力のもと、約2000本の映像授業に字幕がつけられた。これらの映像授業および字幕にはすべて無償でアクセスすることができる。

また、同プロジェクトではSalesforceから新型コロナウイルス関連の緊急支援の寄付を受け、学校・教育現場における「やさしい字幕」の実証を進めており、実証の成果および活用事例について、今後広く公開して周知を図り、学校・教育現場に届けていく。

関連URL

「ジャパンSDGsアワード」

「やさしい字幕プロジェクト」

eboard

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
先生方の負担にならない 校務用PCの二要素認証ログイン 指タッチだけで簡単ログイン リモートアクセスも簡単にできる! 詳しくはこちら YubiPlus
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ITreview 教育業界(EdTech)製品限定 レビュー投稿キャンペーン レビュー1件の掲載につき1,000円分、最大5,000円分のAmazonギフト券プレゼント!! 2/25(金)まで

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • RICHO 戸田市 STEAM教育実践オンラインセミナー 2022年2月21日 ご登録はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス