1. トップ
  2. 学校・団体
  3. eboard、コロナ禍でのオンライン学習機会を保障する「やさしい字幕」を今夏公開

2021年5月17日

eboard、コロナ禍でのオンライン学習機会を保障する「やさしい字幕」を今夏公開

eboard(いーぼーど)は、聴覚障がいや日本語支援が必要な子どもたちを対象として作られた映像授業字幕「やさしい字幕」を今夏に公開する。

eboardでは、聴覚障がいや日本語支援が必要な子どもに配慮されたオンライン教材が社会的に不足していることを受け、昨年秋に、同団体が保有する小学校高学年と中学校向けの映像授業約1600本に「やさしい字幕」をつけるプロジェクトをスタートさせた。

「やさしい字幕」は、字幕の表示量の調整、言葉や文章構造の簡素化を行うことで、学習のハードルが下がるように編集された字幕。また「やさしい字幕」化により、自動翻訳で得られる外国語字幕の精度が上がることも期待される。

字幕の作成には、これまでに16の企業・団体ボランティア、個人のボランティアを合わせて延べ1000名を超える人々が協力しており、今夏には約1600本分の「やさしい字幕」を公開できる運びとなった。それに先立ち、今年4月からは、ろう学校や学習支援NPOなど教育現場での効果的な活用モデルづくりに向けた実証事業をスタートした。

その後は対象となる学年を広げ、小学校低学年の映像授業についても字幕の追加を進めていく予定で、現在、在宅・オンラインで取り組んでもらえる企業・団体ボランティア計300名を募集している。

関連URL

「やさしい字幕」プロジェクト

eboard

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス