1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 新居浜高専、「第1回全国高専宇宙コンテスト」をオンラインで開催

2022年1月12日

新居浜高専、「第1回全国高専宇宙コンテスト」をオンラインで開催

新居浜工業高等専門学校は10日、「第1回全国高専宇宙コンテスト」をオンラインで開催すると発表した。

KOSEN-Xシミュレータの組み立てとプログラミングを行う学生

2021年11月9日に打ち上げられた国立高専初の人工衛星「KOSEN-1」に続く宇宙ミッションのアイデアを、高専の学生たちが競う。

高専では、「KOSEN-1」及び、現在開発中で2022年度打ち上げ予定の「KOSEN-2」に続く、後継機(KOSEN衛星シリーズ)の開発を目指している。

これらの人工衛星は、高専における「ものづくり教育」の一環として開発されるもので、学生が主体的に開発に参画する仕組みを目指している。学生が自ら考えたミッションアイデアについて、学生自身が手を動かして検証実験を行い、その内容を宇宙開発の第一線で活躍されている技術者・研究者に向けて発表して議論することで、アイデアを主体的にブラッシュアップできるという環境作りのため、コンテストを実施する。

参加者は「KOSEN-1」と同様のコンピュータやセンサ、カメラ等を搭載した「KOSEN-Xシミュレータ」を用い、自らが考案したアイデアの検証実験を行う。「KOSEN-Xシミュレータ」はサイズも「KOSEN-1」と同じであり、参加者が自由に搭載装置等を決められるミッションスペースも備えているため、軌道上にある実際の衛星を想定した様々な実験を行うことができる。審査には宇宙航空研究開発機構(JAXA)等で第一線の宇宙研究を行っている技術者・研究者が加わり、アイデアと検証実験の双方において優れたチームには賞を授与し、今後のKOSEN衛星のミッションテーマとして検討されることになるという。

「KOSEN-1」は10高専(高知高専、群馬高専、徳山高専、岐阜高専、香川高専、米子高専、明石高専、新居浜高専、鹿児島高専、苫小牧高専)が共同開発。高専生を中心に2年半かけて開発された。

関連URL

新居浜工業高等専門学校

国立高等専門学校機構

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス