1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 金沢工業大学、社会人の学び直し「KITリカレント教育プログラム」の春期集中講義の募集開始

2022年1月13日

金沢工業大学、社会人の学び直し「KITリカレント教育プログラム」の春期集中講義の募集開始

金沢工業大学は11日、社会人が学生や教員と共に学び合う「KITリカレント教育プログラム」の募集を開始すると発表した。2~3月の春期集中講義期間にAIやIoTを中心とする「情報技術教育プログラム」11科目と、組織内の活性化を図る「組織活性化と倫理プログラム」1科目を開講する予定。

現在、急速に実現されつつあるSociety 5.0では、あらゆる「モノ」や「コト」がデジタルで表現され、AIやIoTを中心とする新しい情報技術が広く活用されると考えられる。このような社会では、製造業や金融業、サービス業や農業等といったすべての業界において新たな情報技術が導入され、結果として業務形態が大きく変わり、新たな情報技術を身につけている人材が、新しい価値を創出できる人材として活躍することになる。同大学は、社会人が学生や教員と共に学び合いながらAIやIoTといった先進情報技術を身につける教育プログラムを提供する。

同プログラムは、企業に勤務する社会人が学生や教員と共に学び合い、企業ニーズに対応した知識の習得に加え、学生・教員とのネットワークづくりと、習得した知識を活用した研究・開発による企業の成長をサポートするプログラム。自宅や会社からのオンラインで受講できる遠隔授業と大学の教室で受講する対面授業のいずれかで実施。

「情報技術教育プログラム」の受講期間は2022年2月17日~3月14日。受講料は単一科目で1科目あたり2万千円(別途、要検定料)、エンベデッドシステムは6万円(別途、要検定料)。履修証明プログラム「AIとビッグデータ」コースは14万4千円(別途、要検定料)。
募集要項

「組織活性化と倫理プログラム」の受講期間は2022年3月9日~3月16日。受講料は 2万4千円(別途、要検定料)。
募集要項

どちらも1月19日まで募集する。

関連URL

金沢工業大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス