1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ワコムの「液晶ペンタブレット」、栄光ゼミが双方向型オンライン授業用に121台導入

2022年1月27日

ワコムの「液晶ペンタブレット」、栄光ゼミが双方向型オンライン授業用に121台導入

ワコムは26日、同社の液晶ペンタブレットのエントリーモデル「Wacom One液晶ペンタブレット13」が、栄光が運営する進学塾「栄光ゼミナール」に採用されたと発表した。


同ゼミでは、紙やホワイトボードへの板書をカメラに映すアナログ方式から脱却し、より高品質な双方向型のオンライン授業を実現するためのツールとして、主に最難関・難関校受験専門オンライン塾「EIKOH LiNKSTUDY」で、同ペンタブレットを活用している。

同ゼミは、2020年の夏以降に、同ペンタブレットを100台導入し、講師陣に配布して使用感を試すなどの実機検証を実施。検証に参加した講師からの後押しもあって、同ペンタブレットの本採用を決定し、2021年11月時点で121台を導入。

2021年7月に開講した「EIKOH LiNKSTUDY」では、Zoomなどを通じて講師と生徒の双方向通信を行う一方で、画面上に表示したデジタル教材への書きこみに同ペンタブレットを活用している。

同ペンタブレットの導入で、板書をデジタル化し、従来の板書と遜色のない自然な書き心地で、講師もストレスを感じることなく授業に専念できるようになった。

また、あらかじめ用意されたデジタル教材に講師が直接、問題や解説を書き込めるようになったことで、以前よりも見やすく分かりやすい授業を実現。板書中の生徒の待ち時間もなくなり、より充実した双方向型のオンライン授業が行えるようになったという。

同ペンタブレットは、画面に直接書け、オンラインでもホワイトボードに書くようなインタラクティブなコミュニケーションができる。パソコンとの接続も簡単で、オンライン会議に便利なアプリ(体験版)が付属しており、すぐにオンラインで活用できる。

関連URL

栄光ゼミの導入事例

「Wacom One 液晶ペンタブレット 13」詳細

栄光ゼミナール

ワコム

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス