1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ビヨンド、アバターで「バーチャル面接」23卒エンジニアの採用を開始

2022年2月14日

ビヨンド、アバターで「バーチャル面接」23卒エンジニアの採用を開始

ビヨンドは、2023年度新卒の採用で「バーチャル面接」を3月1日~3月15日の2週間限定で実施すると発表した。

バーチャル面接 イメージ画像

面接官・学生ともにアバターを使用し、名前・年齢・学歴・性別を公開せず1次面接を行うことで、学生の内面やエンジニアへの素質を重視することをねらいにしているという。

オンラインでコミュニケーションを取る方法が多様になった近年。2021年からはオンラインツールを利用するだけでなく、仮想空間でアバターを動かしながらゲームやエンターテイメント・ショッピングを楽しめる「メタバース」が注目を集めている。

企業による展示会や店舗での接客など、サービス提供の新しい手法としてメタバースが活用されている中で、クラウド/サーバーの運用に携わるビヨンドの採用手法としても活用できるのではないかと、23卒向け「バーチャル面接」の実施を決定した。

今回の「バーチャル面接」では、学歴・性別・年齢などの個人情報を開示しないことで、固
定概念にとらわれずよりフラットな状態で学生の人間性を知ることを目的としている。同社のエンジニアに求められるコミュニケーション能力と、使用するアバターの創意工夫を評価することで、通常のオンライン面接では知ることのできない学生の個性や創造性を探ることができると考えているという。

「バーチャル面接」概要

エントリー受付期間:2月9日(水)~2月28日(月)
面接実施期間 :3月7日(月)~3月18日(金)
該当者 :23卒学生に限る
必要な情報 :ハンドルネーム、メールアドレス
使用ツール :Zoom(Snap Camera、ボイスチェンジャーなど使用自由)
面接担当者 :ビヨンドのメンバーから1名
選考フロー :エントリーシート→バーチャル面接→二次面接→最終面接
※2次面接以降は従来の面接形式となる
面接時のルール:
・面接時はアバターの設定をする
・利用可能なツールに制限はない
・ビヨンドが推奨するツールのインストール方法は選考通過者にのみ案内する
・環境によりツールの利用が難しい場合は、「顔の隠れるもの」を装着する(仮面や被り物など)
面接官が質問しない主な項目:学校・学部・学科、性別、年齢、住所、資格、選考状況

詳細・申込

関連URL

ビヨンド

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス