1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 無料オンライン講座「gacco」、「ライフサイクルアセスメントの基礎」3月末から開講

2022年3月2日

無料オンライン講座「gacco」、「ライフサイクルアセスメントの基礎」3月末から開講

ドコモgaccoは、同社の無料オンライン講座プラットフォーム「gacco(ガッコ)」で、サプライチェーンのライフサイクルアセスメント(LCA)と環境問題について学ぶ講座「ライフサイクルアセスメントの基礎~製品の一生を通じた環境影響の評価~」を、3月31日から開講する。

LCAは、サプライチェーンに潜む環境問題の現状と、製品・サービスのライフサイクルにおける環境への影響を評価する技法。同講座の受講者募集は、3月1日から開始している。

製品には「つくる」「つかう」「すてる/リサイクルする」といった“一生”がある。その一生における環境への影響を評価する技法がLCA。

炭素中立(カーボンニュートラル)な社会を構築するには、サプライチェーン全体を通じた環境への取り組みが必要とされている。近年では、電気自動車(EV)の普及やレジ袋の削減といった話題の中で、CO2排出の観点からLCAが注目されることも増えている。

製品の利用シーンという局所的な見方ではなく、資源採掘、原料生産、生産、消費、処理・処分といった製品のライフサイクル全体が環境に及ぼす影響について、より配慮した活動が企業に求められている。

今回の講座では、まず気候変動や資源採掘に関わる製品のサプライチェーンに潜む環境問題の現状について概説し、LCAの必要性を学ぶ。次に、LCA実施手法の基礎を国際規格「ISO14040」に基づき解説。そして、電気自動車やペットボトルなどの評価事例を解説し、LCA実践手法を学ぶ。

最後に、LCA結果をコミュニケーションするための環境ラベルや、「SCOPE3」と呼ばれる組織活動の評価への拡張、社会面の評価への拡張など、LCAの応用について解説する。

講座の概要

公開期間:3月31日(木)15:00~8月3日(水)23:59まで
受講者募集:3月1日(火)15:00~8月3日(水)23:59まで
開講方法:オンライン
主な内容:
・Week1「ライフサイクルアセスメント(LCA)導入の背景」
・Week2「LCA手法」
・Week3「LCAの実務」
・Week4「LCAの応用」
講師:立命館大学政策科学部准教授・博士(工学)中野勝行氏
受講費:無料(gaccoの無料会員登録が必要)
会員登録

詳細・申込

関連URL

「gacco」

ドコモgacco

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス