1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. サイバーフェリックス、「EdTech導入補助金2022」募集に向けて説明会を開催

2022年4月8日

サイバーフェリックス、「EdTech導入補助金2022」募集に向けて説明会を開催

サイバーフェリックスは、2020年度と2021年度に続き本年度も、経済産業省が行うEdTech導入補助金による、導入実証校へのジタルシティズンシップ教材「DQ World」および補助教材導入に向けて、参加希望自治体・学校を対象とした説明会を18日と19日に開催する。4月中旬以降、同補助金の交付対象に採択されると、2022年度中一定期間、対象教材を無料で利用できる。

同教材は、主にICTの活用が日常的になる小学3年生~中学3年生の児童生徒が、インターネットの仕組みやそこで起こる様々な事象に対する判断基準や対処方法について学び、インターネットをより肯定的かつ自律的に活用する基盤をつくるための教材。

これまで、禁止や制限といった消極的なICTの使い方の指導や情報教育の分野に専門性を持たない指導教員の負担が指摘されてきた。しかし、児童生徒1人ひとりがICT端末を持ち、家庭と学校での連続的な学びが推進される今、ICTの活用を前提として、それらをどのように使っていくのか自ら考え、判断し、行動する基盤を育てる教育が必要とされている。

こうした課題を解決すべく同教材はは、時間や場所を選ばず、アニメーションやクイズ、キャラクターとの擬似チャットなどを通じて、児童生徒が楽しく主体的に学習を進めるための学習を提供している。さらに、同補助金の導入実証校が利用するDQスクールパッケージには、同教材のアカウントに加え、DQ Worldでの学習データに基づき算出される「個人向けと学校向けのレポート」、授業でのより発展的な学びを支える「指導書」「ワークブック」が内包されている。

同補助金は、経済産業省が進める学びと社会の連携促進事業(先端的教育用ソフトウェア導入実証事業)費補助金(以下、EdTech導入補助金)は、対象校との長期的な導入計画に基づき、学校等教育機関にEdTechツールを導入実証する事業者に導入費用の一部を補助する制度。同事業は、学校や教育委員会などによるEdtechツール導入費用の負担を軽減することで、「学校等教育機関および学校等設置者と教育産業の協力による教育イノベーションの普及」を目指す。

関連URL

申込

サイバーフェリックス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス