1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. キヤノンMJ、自動撮影カメラで保育士の業務負荷を軽減する「スクールフォトプラン」開始

2022年6月27日

キヤノンMJ、自動撮影カメラで保育士の業務負荷を軽減する「スクールフォトプラン」開始

キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は、同社の自動撮影カメラ「PowerShot PICK(パワーショットピック)」を使って、子どもたちの撮影と画像選別を自動化し、保育士の業務負荷を軽減する新たなスクールフォトプラン「自動撮影カメラプラン」を、7月1日からスタートさせる。


「PowerShot PICK」(昨年11月26日発売)は、周囲にいる人物の顔を自動で認識し、適切な構図で写真を自動撮影する機能や、撮影データからおすすめの画像を抽出する機能を搭載したカメラ。

今回開始する同プランは、同社と、インターネット写真販売サービス「スナップスナップ」を運営するフォトクリエイト、ラボネットワークの3社が共同で実施する。

同プランでは、子どもたちの様子を、保育士・教職員やカメラマンに代わって「PowerShot PICK」が自動で撮影。保育士・教職員は、自動で抽出されたおすすめ画像を参考にしながら選別した画像を、「スナップスナップ」上で公開し、保護者が閲覧、購入できる。

カメラに撮影を任せられるだけでなく、機材のレンタルを含めて初期費用が無料で、これまで費用面で導入が難しかった小規模な保育施設でも、手軽に写真販売サービスの利用ができるようになる。

また、保育士や教職員の業務負荷を軽減しつつ、カメラを意識しない自動撮影で子どもたちの自然体な1コマ、成長の一瞬を写真に残すことができる。

同プランは今後、2000施設への導入を目指している。保育施設での利用に加えて、スクールフォトを撮影している外部の撮影事業者が「PowerShot PICK」をレンタルしてシステム利用できる事業者向けプランの準備も進めている。

【新サービスの概要】
名称:「スナップスナップ・自動撮影カメラプラン」
サービス開始日:7月1日(金)~
価格:無料(無料の専用アプリをインストールしたパソコンとカメラを設定するスマホ・タブレット端末、カメラで使用するmicroSDカードが別途必要)
問合せ
詳細

関連URL

キヤノンMJ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス