1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. KIYOラーニング、「AI実力スコア」を応用情報技術者講座でも導入

2022年9月7日

KIYOラーニング、「AI実力スコア」を応用情報技術者講座でも導入

KIYOラーニングは6日、同社のオンライン資格取得講座「STUDYing」(スタディング)の 応用情報技術者講座にも、「AI実力スコア」機能を導入すると発表した。


AI実力スコアは、AI(機械学習)を活用して、個人の学習データから現在の実力をリアルタイムで確認できる機能で、スタディング中小企業診断士講座・宅建士講座・社会保険労務士講座・ITパスポート講座に次いで、今回が5講座目の導入。

AI実力スコアでは、スタディングに蓄積されている膨大な学習履歴データや問題・模擬試験などの得点データをAIが分析し、「今、試験を受けたとしたら何点取れるのか?」をAIを使って予測。

日々学習を進める中で、現在の科目別・単元別の実力をリアルタイムで把握することができ、「あと何点取れば合格ラインに届くのか」「どこが苦手な単元なのか」などが分かる。

応用情報技術者試験の午前試験では、四肢択一の出題形式で「ストラテジ系」「マネジメント系」「テクノロジ系」の3つの科目の深い知識が問われるが、AI実力スコアでは、それぞれの科目毎にスコアを見ることができ、よりピンポイントで無駄のない対策ができる。

科目の中の細かい単元別のスコアを見ることもでき、苦手な箇所を把握して、効率的に試験勉強ができる。

また、AI実力スコアは全体スコア、科目別スコア、単元別スコアについて、全受講者中(過去1年間以内に学習した受講者中)の「あなたの位置」を表示。他者と比較したときの、自分の強み・弱みも分かる。

関連URL

「スタディング」

KIYOラーニング

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス