1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. シジスカイ、英語授業をサポートするAIロボットを開発

2022年9月7日

シジスカイ、英語授業をサポートするAIロボットを開発

シジスカイは6日、小学校での2年間の実証実験を経て、英語授業をサポートするAIロボットを開発したと発表した。

同ロボットは、ネイティブな発音による「会話」、「聞き取り」、「動画再生」機能を搭載しており、外国語指導助手不足の解消にも役立つ。また、プログラミングアプリケーションも標準実装しており、学校での様々なシーンで活用できる。

発音の練習では、ロボット画面に画像を表示し、ネイティブな発音を聞かせるとともに児童の発音のチェック。会話・挨拶の練習では、挨拶の基本パターンに加え、作成したシナリオの会話をロボットと行い、学習内容に沿った授業ができる。

ロボットへの指示は、タブレットのメニュー画面から選択するだけで、メニューの表示内容も簡単に変更、追加できるように「簡単エディター」を搭載。

簡単エディターでは、学年毎のUNIT単位での単語練習(発音での練習)、Songs&Chants(動画、画像の再生)、挨拶・会話などを簡単に作成、変更できる。ITの知識がなくても簡単に作成変更できるように、「単語の練習、発音チェック」、「Songs&Chantsの再生」、「会話」などのテンプレートも搭載。

また、リモートセンターからロボットのリモート操作ができ、操作の不安解消、トラブルの遠隔対応ができる。

視覚的なオブジェクトでプログラミングする「ビジュアルプログラミング」を採用しており、自分が意図する一連の動作を実現するために、1つ1つの動きをどのように組み合わせるのか、どのように改善するのかを論理的に考える力を養うことが小学生の時からできる。

カリキュラム提供や教育サポートなどは、「日本プログラミング検定協会」と協業して作成し、提供する。

関連URL

シジスカイ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス